読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

密告はうたう 警視庁監察ファイル

密告はうたう 警視庁監察ファイル
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 666円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2019/05/17
紙書籍版 取り扱い中

かつての仲間も容赦しない。それが俺の仕事だ――。警察職員の不正を取り締まる部署、警視庁人事一課監察係に所属する佐良は、捜査一課所属時の元同僚で、現在は運転免許場に勤務する皆口菜子の監察を命じられた。彼女が免許証データを売っているとの、内部からの密告があったのだ。佐良は、上司とともに皆口の尾行を始めるが、やがて未解決事件との接点が......実力派の俊英が放つ警察ミステリー!池上冬樹氏(文芸評論家)、激推し!! 裏切り者がこの中にいる――緊迫の人間ドラマ!「いやあ面白い。...三つの事件が出たり入ったりして葛藤劇を形作っていく。緊迫の度合いを高め、いったいどうなるのかと先の展開を期待させて、一気に結末へと読者を引っぱっていく。しかも人物と読者の感情をかきたてながら」――池上冬樹氏(文芸評論家)

伊兼源太郎関連作品

  • 金庫番の娘 1512円
    作家 伊兼源太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/30

    国のため、個人が犠牲になるのは間違ってる! 新米政治家秘書が繰り出した反撃とは――? 元新聞記者が描く一気読み必至の徹夜本!

  • 地検のS 1404円
    作家 伊兼源太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/13

    湊川地検で起きるすべての事は一人の男が握っている――。現代、検察の正義とは何か。元新聞記者の横溝賞正史作家が挑む連作地検小説

  • 『地検のS』第1話無料試し読み 0円
    作家 伊兼源太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/13

    2018年2月刊行『地検のS』より、第1話「置き土産」を全文無料公開。

  • 巨悪 1512円
    作家 伊兼源太郎
    出版社 講談社
    レーベル 文芸
    販売開始日 2019/07/13

    若い検事の前に立ちはだかる、政治家、企業、秘密機関。現代の「巨悪」の正体とは。東京地検特捜部を舞台にした検察ミステリー巨編。

実業之日本社文庫関連作品

「日本」カテゴリ