読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

玉村警部補の災難【電子特典付き】

玉村警部補の災難【電子特典付き】
電子書籍版
価格 1080円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/05/31

「バチスタ」シリーズでおなじみ加納警視正&玉村警部補が活躍する珠玉のミステリー短編集! 出張で桜宮市から東京にやってきた田口医師。厚生労働省の技官・白鳥と呑んだ帰り道、二人は身元不明の死体を発見し、白鳥が謎の行動に出る。検視体制の盲点をついた「東京都二十三区内外殺人事件」、DNA鑑定を逆手にとった犯罪「四兆七千億分の一の憂鬱」など四編を収録。書き下ろしのあとがきを含む電子特典付き。

海堂尊関連作品

宝島社文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    黒い樹海 648円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    新聞社へ勤めた笠原祥子の姉の事故死が、相次ぐ殺人事件に――。マスコミに潜む人間悪を抉る推理の傑作。

  • 新着!
    殺人行おくのほそ道 (1~2巻) 486円540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    麻佐子自慢の美しい叔母が、叔父の山林を無断で売った。やがて麻佐子は、売買の仲介をした海野の死を知る。

  • 新着!
    草の陰刻 864円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    怪火で焼死した事務官、死亡した元検事の娘からの手紙――。青年検事が真相追跡を始めた!!

  • 新着!
    花氷 648円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    不動産ブローカーの粕谷は、支店長を脅迫するが......。腐敗する政界裏面と、欲望に奔走する男の黒い構図を描く異色作。

  • 新着!
    湖底の光芒 594円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    レンズ製造会社を経営している遠沢加須子。加須子の妹の情熱が一つの悲劇を呼ぶ......諏訪湖に沈む謎はとは?

  • 新着!
    黄色い風土 972円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    連続して起った6つの変死事件――記者魂と、現代社会に巣喰う悪への挑戦を描く本格推理の傑作!

  • 新着!
    熱い絹 (1~2巻) 648円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    マレーシアの密林に忽然と消えたタイ・シルク王、軽井沢の殺人事件......。そこには一つの接点が!

  • 新着!
    ガラスの城 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    ガラスの城のような、都心の高層ビルに勤める一流サラリーマンの世界の欲望と犯罪の構図。

  • 新着!
    異変街道 (1~2巻) 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    栄吾は生きている――! 親友・銀之介は真相を求め街道を馳る。そのあとを女が、岡っ引が、謎の影が追いかける!!

  • 新着!
    遠くからの声 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    姉の新婚旅行へもやって来た妹の不思議な行動の意味とは......!? 人間の深層の捉え、生の実存を問う推理作品群8編。

  • 新着!
    塗られた本 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    出版社を経営する紺野美也子は、その魅力で大流行作家に近づくが、作家の欲望の影が、しだいに彼女を追いつめ......。

  • 新着!
    連環 702円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    笹井は、計画遂行のため印刷屋の主人の妻を籠絡し......。虚構に生きる男が、追跡者の執念に自滅する過程を描く傑作。