読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

天邪鬼のすすめ

天邪鬼のすすめ
電子書籍版
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2019/05/20
紙書籍版 取り扱い中

「壮大なまわり道の中で研ぎ澄ました私の感性......頼れるものは、それしかない」
不安の時代を生き抜くヒントに富む、
ベストセラー作家の自伝的エッセイ

厳格な軍人家族に生まれた著者は、敗戦によってすべての価値観が根底から覆ってしまう。凛として「恥を知る」ことを説いた父が、戦後は見る影もなく落魄。そのくせ世の中が落ち着くと、徐々に昔の価値観に戻っていく......。そんな父と、暁子は確執を深める。家の中はぎくしゃくし、母とも心が通じなくなっていく。

また、結核を患ったせいで、幼い暁子は長期の入院を強いられた。外で遊ぶこともならず、彼女はおのずと自分自身に向き合うようになる。敗戦と結核、これが原点となった。

家族と離れて自由を謳歌した高校・大学時代。NHK入局後、野際陽子との出会いで悟った「私は私」という境地。そして、ある音楽家の男性との運命的な出会いと大失恋。さらに、パートナーを得た後にも暁子に影を落とす父と母の存在......。

波瀾万丈の来し方を振り返りながら、著者はあるヒントを投げかける。「天邪鬼」であること。そして「おめでたさ」を失わないことの大切さ。挫折と思えたものを逆転してこられたのは、天邪鬼とおめでたさがあったからこそ。

自分で考え、反骨を忘れない。自分で食べる。自分で決める......その大原則さえ守っていれば、人は自由に生きることができる。切れ味鋭く、かつ滋味深い著者の言葉は、不透明な時代を生き抜くための力を与えてくれる。

下重暁子関連作品

文春新書関連作品

  • 松井石根と南京事件の真実 880円
    作家 早坂隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/07/19

    “大虐殺の首謀者”として裁かれた軍人は中国を深く愛していた。ついに明らかになる南京戦の全貌‐‐。 折り重なる屍体。過酷な戦場の現実。押し寄せる日本軍に中国軍司令官は逃亡する。軍律に厳しい松井と...

  • 一生食べたいカツ代流レシピ 1000円
    作家 小林カツ代 本田明子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/07/19

    80歳になっても美味しく食べられる「ハンバーグ」とは? 年代を問わず愛され続ける小林カツ代の家庭料理レシピ125 伝説の「肉じゃが」も、年齢と共に進化させたい――。 80歳になっても美味しく食...

  • 内閣調査室秘録 戦後思想を動かした男 1201円
    作家 志垣民郎 岸俊光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/07/19

    内閣調査室は本当に謀略機関だったのか......謎のヴェールを剥がす第一級の歴史史料! 松本清張は、昭和36年に「文藝春秋」に連載した『深層海流』で、「内調の役目がその辺を逸脱して謀略性を帯び...

  • 水害列島 880円
    作家 土屋信行
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/07/19

    豪雨、台風、地震洪水、大水害への備えと最善の避難策とは!? 土木・災害の専門家による警告の書。 日本は世界有数の自然災害多発地であり、巨大災害が発生すれば、その及ぼす被害は、わが国の存立発展に...

  • サバイバル組織術 880円
    作家 佐藤優
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/07/19

    組織は人を潰す。 生き延びるためにはその内在理論を理解せよ! 理不尽な人事、職場のいじめ、女性と仕事、予期せぬクライシス‐‐。 会社から国家まで、現代人は「組織」とのかかわりなしには生きていけ...

  • 令和を生きるための昭和史入門 950円
    作家 保阪正康
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/06/20

    権力中枢を狙った2・26事件、無謀と言われたアメリカとの戦争、世界史に類を見ない高度経済成長......令和になった今だからこそ、昭和史を見直す意味がある。首相から皇族、軍部の指導者、いち兵士ま...

「人物評伝」カテゴリ