読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

渋沢家三代

渋沢家三代
電子書籍版
価格 897円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 296
販売開始日 2019/05/31
紙書籍版 取り扱い中

新1万円札の肖像に決定した渋沢栄一とは一体、何者だったのか?

日本銀行、第一国立銀行(みずほ銀行)、日本郵船、東京電燈(東京電力)、東京瓦斯(東京ガス)、大日本麦酒(サッポロビール、アサヒビール)、商法講習所(一橋大学)、東京ホテル(帝国ホテル)など、日本を代表する約650の企業や団体をつくった「日本資本主義の育ての親」。それにも関わらず、三井、三菱、住友のような財閥となることを拒み、静かに没落していった‐‐。人物ノンフィクションの第一人者が、栄一・篤二・敬三と続いた渋沢一族三代の真実の姿を描く。

わが国に資本主義を産み落とし根づかせた栄一、それを継承し育んだ嫡孫・敬三。その狭間にあって、廃嫡の憂き目にあった篤二。勤勉と遊蕩の血が織りなす渋沢家の人間模様をたどることは、拝金思想に冒されるはるか以前の「忘れられた日本人」の生き生きとした息吹を伝えることにも重なる。この一族は、なにゆえに「財なき財閥」と呼ばれたのか? なぜ実業家を輩出しなかったのか? いま新たな資料を得て、大宅賞受賞作家が渋沢家三代の謎を解き明かす。

「私はこの本で“偉人伝”を書いたつもりはない。それより意図したのは、栄一という人物の偉大さに押しつぶされた渋沢家の人々の悲劇を、明治、大正、昭和の時代相に重ねて描くことだった。これはまったく類書がない着眼点だといまも自負している」
(本書より)

電子書籍化にあたり、新稿「渋沢家の真相」を収録した。

佐野眞一関連作品

文春新書関連作品

  • 歎異抄 救いのことば 950円
    作家 釈徹宗
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    コロナで逼塞する現代人に必読の書! 現代人が読んで心を打たれる、それが『歎異抄』。金言・箴言に満ちたこの書は、思想的には難しい。平易な解説で深みまで導きます。 <目次> 【はじめに】 『歎異抄...

  • 半グレと芸能人 880円
    作家 大島佑介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    市川海老蔵、宮迫博之、田村亮......。 なぜ芸能人は半グレ=反社会的勢力と接点を持ってしまうのか? 『週刊文春』の特派記者として15年のキャリアを積んだ筆者が、あまり報じられることのない取...

  • 政治家の覚悟 880円
    作家 菅義偉
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    第99代内閣総理大臣に就任した菅義偉氏が掲げるのが、「国民のために働く内閣」だ。 それを実現するために断行するのが規制改革、縦割り行政の打破である。 この改革の姿勢は、かつて務めた大臣政務官、副...

  • 平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職 950円
    作家 繁田信一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    平安時代を生き抜け 平安朝で巻き起こる凶悪な犯罪の数々。治安を司る検非違使の長官が残した文書に記された生々しい現場の声。真の平安時代が蘇る。

  • スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術 950円
    作家 西野精治
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/09/18

    スタンフォード大学で学んだ著者が説く、仕事術! 著者がアメリカトップの大学の一つであるスタンフォードの門を叩いたのは、1987年のこと。 それから多くの蒙を啓かれること30年余、真の成果主義や...

  • 感染症の日本史 880円
    作家 磯田道史
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/09/18

    新型ウイルスに対するワクチン、治療薬も確立していない今だからこそ、歴史を見つめ直す必要がある。 「給付金」も「出社制限」も「ソーシャル・ディスタンス」もすでにあった! 今こそ歴史の知恵が必要だ!...

「人物評伝」カテゴリ