読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

満州裏史 甘粕正彦と岸信介が背負ったもの

満州裏史 甘粕正彦と岸信介が背負ったもの
電子書籍版
価格 935円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/07/15
紙書籍版 取り扱い中

激動の時代、日本人が満州に託した新興国家建設という夢。汚れ役の甘粕とエリート官僚の岸は、脆弱な国家経済を磐石にするためにいったい何をしたのか? 国際社会の欲望うずまく大地で運命的に交錯した二人の男の人生を丹念にたどり、知られざるもう一つの昭和史を描き出す、渾身のノンフィクション。

太田尚樹関連作品

  • 乱世を生き抜いた知恵 968円
    作家 太田尚樹
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2018/08/13

    角栄と岸は宰相まで上り詰めた陽の政治家。 甘粕はむしろ闇に輝く陰の実力者として満州国を切り盛りした。 この三者は乱世の時代をどんな人生哲学、金銭哲学で生き抜いたのか? 時代の変遷期にある現代に...

  • 東京裁判の大罪 715円
    作家 太田尚樹
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2015/07/17

    東京裁判は犯罪である 我々日本人は、戦後70年たった今でも、“A級戦犯”という屈辱的な文言と思考から脱却できない。我々自身がこうだから、諸外国、なかんずく中国、韓国から「歴史認識を改めろ」など...

  • 日本人と中国人はなぜ水と油なのか 649円
    作家 太田尚樹
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ベスト新書
    販売開始日 2014/11/07

    今日、日本と中国の双方とも、本当は仲良くしたいと思っているのに、互いに不信感を抱いている状況はあまりに不幸だ。とはいえ、歴史的に日中が歩いてきた長い歩みの中には、水と油と思われるほどの異質性の根...

  • 伝説の日中文化サロン 上海・内山書店 814円
    作家 太田尚樹
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    大正から昭和初期の上海で、文化サロン的な役割を果たした伝説の書肆「内山書店」に焦点を当て、対華21ヵ条要求から日中戦争へと続く、日中両国の関係が最悪だった時代のなかで育まれた、両国文化人の交流を...

講談社文庫関連作品

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ