読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

子供の哲学 産まれるものとしての身体

子供の哲学 産まれるものとしての身体
電子書籍版
価格 1485円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/07/18
紙書籍版 取り扱い中

西田幾多郎、レヴィナス、ドゥルーズ......その思考のあらたな可能性これまでの哲学が再三にわたって論じてきた「私」という問題。しかしそこには、大きな見落としがあったのではないか?産まれる、子をはらむ、産む、死んでいく、だけど誰かが残る。こうしたことを、それ自身として真正面からとらえる。そのための哲学が、ここからはじまる。(講談社選書メチエ)

檜垣立哉関連作品

講談社選書メチエ関連作品

「講談社メチエ」カテゴリ