読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「アボジ」を踏む 【小田実全集】

「アボジ」を踏む 【小田実全集】
電子書籍版
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/07/18

震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる表題作は、三十年に一度と言われる名作として川端康成文学賞の審査員たちをうならせた。「アボジ」の済州島での野辺の送りは万葉集やホメロスの時代の葬送を彷彿とさせる。太平洋戦争やナチの強制収容所、大震災で無念のうちに死んでいった人の記憶を刻む『「三千軍兵」の墓』の他、1957年、63年、74年、80年、87年に書かれた五つを含む計七篇の短篇。人間がそれぞれの時代に遭遇する戦争、国境、漂泊、死を見つめた「短篇全体小説集」。

小田実関連作品

小田実全集関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    水葬 1683円
    作家 鏑木蓮
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2021/01/27

    婚約者失踪の陰に隠された真実。人は不幸の上に実現された幸福を受け入れられるのか。ベストセラー『白砂』の著者が放つ問題作。

  • 新着!
    料理なんて愛なんて 1599円
    作家 佐々木愛
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/01/27

    料理が下手でフラれた私。 嫌いな言葉は「料理は愛情」―― 料理嫌いな優花は、ずっと好きだった真島に高級バレンタインチョコを渡すも 「好きな人に手作りチョコをもらったから」と振られてしまう。 真...

  • 新着!
    国道食堂 2nd season 1683円
    作家 小路幸也
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2021/01/27

    「国道食堂」と呼ばれる田舎町の外れにあるドライブインというより食堂といった雰囲気の店。そこに集う人々を描く人気作の続篇。

  • 新着!
    おもろい以外いらんねん 1540円
    作家 大前粟生
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2021/01/26

    幼馴染の咲太と滝場、高校で転校してきたユウキの仲良し三人組。滝場とユウキはお笑いコンビ<馬場リッチバルコニー>を組み、27歳の今も活動中だが――。優しさの革命を起こす大躍進作。

  • 新着!
    さよなら嘘つき人魚姫 990円
    作家 汐見夏衛 みっ君
    出版社 一迅社
    販売開始日 2021/01/25

    汐見夏衛氏が贈る書き下ろし新作。新境地。そして最高潮――。どうでもいい嘘ばかりついて、へらへら笑う『かまってちゃん』の綾瀬水月。誰とも喋らず親切も拒絶して、透明人間扱いされている〈変人〉、羽澄想...

  • 無名詩人 660円
    作家 曽野綾子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    出会いと別れにみる、人生の仕合せと不幸。想像もおよばない数奇な生涯。想像を絶する数奇な生涯を描く著者自選の13の傑作短編集。

  • 夜の明ける前に 660円
    作家 曽野綾子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    人間の生のいとなみは、いかに脆いものか。微妙な心理の揺曳をすくいあげる短編傑作選。永遠の生命を求め現実を照射する12編。

  • 木を植えた男を訪ねて ふたりで行く南仏プロヴァンスの旅 838円
    作家 新井満 新井紀子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    夫婦で訪ねたのは「環境文学」の先駆的な名作『木を植えた男』の作者ジオノの故郷。植樹とは平和運動なのであると知る「発見の旅」。

  • 妖人白山伯 817円
    作家 鹿島茂
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    パリの日本公使館で、老残を湛えた謎の紳士が、原敬に流暢な日本語で声をかけてきた...。維新で暗躍した謎の大山師えがく異色の長編。

  • 放浪について 660円
    作家 瀬戸内晴美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    無性に二条・西行・一遍のような放浪に憧れる。中尊寺での得度後、道元の「すててこそ」の境地を得る1年の心の移りを華麗つづる。

  • 輪舞 660円
    作家 瀬戸内晴美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    苦い恋、欲得がらみの騙し合い、切ない純愛など、情事の金の皮肉な輪転に、多彩な恋愛心理を鮮やかに描く、連作短編集。

  • 無法者 660円
    作家 佐藤雅美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/22

    関八州では幕府の命で、やくざが岡っ引のような下働きをしていた。やくざは、食うか食われるか。新しい視点で捉えた天保水滸伝。