読み込み中... loading....
サービス終了のお知らせ

恐怖箱 怪画

恐怖箱 怪画
電子書籍版
価格 715円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2019/06/28
紙書籍版 取り扱い中

内容紹介

見てはならぬ。触れてもならぬ。
曰くつきの美術・骨董品に纏わる怖い話!

自殺した父が集めていた曰くつきの美術品。最近購入した品の中に自殺の原因があると考えた息子は...「全部正解」、祖父が中国で買ってきた白い陶器の猿。祖父と少年の前でだけ猿は本物になる...「お猿」、叔母の家から持ち出した遺品の風景画。その夜から不気味な老人の幻影が纏わりつき...「凋落」、小学生の息子が拾ってきたダルマの絵。以来、家では異音とともに恐ろしい現象が...「ダルマさん」、昭和初期に華族の愛人が囲われていた屋敷には開かずの間があった。好奇心からこじ開けると、中には30枚に及ぶ同一人物の肖像画が。だがそれは凶事の始まりでもあった...「開かずの扉」ほか、呪われた絵画、美術骨董品に纏わる26の実話怪談!

著者について

加藤一
Hajime Kato
1967年静岡県生まれ。O型。獅子座。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』4代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超-1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中。主な著作に『「忌」怖い話』、『「超」怖い話』シリーズ、『「極」怖い話』シリーズ(以上、竹書房文庫刊)、『怪異伝説ダレカラキイタ』シリーズ(あかね書房)など。

加藤一関連作品

  • 恐怖箱 煉獄百物語 748円
    作家 加藤一 神沼三平太 高田公太 ねこや堂
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/07/29

    内容紹介 「なんでそんなに優秀なの?」 天才と呼ばれる同級生。 でも、あの子といると私の骨が外れる...。(「浩江ちゃん」より) 「えっ」「ぞわっ」の百連発! 驚怖の実話怪談 加藤一、神沼...

  • 恐怖箱 怨霊不動産 748円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/06/29

    内容紹介 「あれ?何でだろう...」 中へ入ると身内が死ぬ空き家、澤井家。 だが真の恐怖は別に...(「何でもない家」より) 建物に残る邪念。家と部屋の実話怪談28! 関わってはいけない不動...

  • 「忌」怖い話 大祥忌 748円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/05/28

    内容紹介 「偶然って何度までだ?」 常連客が次々と死んでいく練馬区のバーで何が...(「バーにて」より) 不吉な連鎖、死の足音。闇深き実話怪談! 不思議で恐ろしい出来事を体験した人々から聞...

  • 鬼怪談 現代実話異録 748円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 鬼は実在する――。 先祖が鬼だという資産家一族の子孫に掛けられた呪い。 その恐ろしき元凶とは...「受け継ぐ」より 鬼を見た人の証言、29話! 古来より語り継がれし異形のモノ、...

  • 「超」怖い話 丑 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 真冬にさらなる冷気を求めんとする猛者に捧ぐ最恐怪談集。 首を絞められた時の痣が残る夫。夜中、夫の口から若い女の声が...「いじり」、実家の納屋から出てきた身蓋箱。中に入っていた4体の...

  • 恐怖箱 心霊外科 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/11/27

    内容紹介 半分死んでる。霊に精神を喰われて――(「なれはて」より) 精神と肉を蝕む怪。霊障による病気と怪我。 そして命の最後の砦、病院の怖い話! 実話怪談ハンターたちがあるテーマのもとに各々...

雨宮淳司関連作品

神沼三平太関連作品

高田公太関連作品

  • 奥羽怪談 748円
    作家 黒木あるじ 小田イ輔 高田公太 斉木京 大谷雪菜
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/07/29

    内容紹介 東北6県の怖い話が詰まった みちのくの実話怪談集! 【青森】怪談作家の街・弘前 【岩手】患者を覗く黒い影 【秋田】田沢湖に巣食う悪霊 【山形】映画館に伝わる幽霊譚 【宮城】伊達政宗へ...

  • 青森怪談 弘前乃怪 748円
    作家 高田公太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 地元青森の怪談家が蒐集した本州最果ての実話怪談! 「咳が止まらない...」 津軽の霊場・賽の河原で 二人の母を同時に襲った異変とは...「賽の河原」より 十和田湖畔のキャンプ場の怪...

  • 東北巡霊 怪の細道 715円
    作家 高田公太 高野真
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/09/28

    内容紹介 津波の漂着物を再利用したレストランに霊が出る。 町役場に届いた通報の恐るべき顛末は...(「雨降りの女」より) 青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島 東北6県で聞き集めた実話怪奇録!!...

  • 恐怖箱 青森乃怪 715円
    作家 高田公太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/30

    本州最果ての地、青森。あの世と繋がる霊場恐山から、神々の棲まう山野まで、雪深き国は神秘と恐怖に満ちている。 赤子の泣き声がする無人駅。だが他の者にはその声が聞こえず...「津軽の子ら」、集落で...

橘百花関連作品

つくね乱蔵関連作品

  • 恐怖箱 厭熟 715円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/12/28

    内容紹介 三月六日 土曜日。 あの家が売れた...「不幸日記」より 住んではいけない家、六十六日間の観察記録! 熟成された呪情、災厄が手招く実話怪談! 家や土地の祟りから、悪行の報いとして...

  • つくね乱蔵実話怪談傑作選 厭ノ蔵 715円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/05/28

    内容紹介 蔵に封印されていた呪いの般若面 禁を解いてしまった男は...(「紙般若・後日談」より) エグみ×恐ろしみの最凶フュージョン。 厭の上塗り、禁断の書き下ろしも収録! 〈絶望系怪談作家...

  • 恐怖箱 厭還 715円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2019/12/27

    内容紹介 庭に埋めらたぬいぐるみの腹に仕込まれた肉片...そして凶事が。 平和な日常を一瞬にして突き崩す怪。圧倒的恐怖、ここにあり! 平和な日常と家庭を突如襲う理不尽な怪。或いはどす黒い情念の...

  • 瞬殺怪談 業 715円
    作家 我妻俊樹 伊計翼 小田イ輔 黒木あるじ 黒史郎 小原猛 神薫 鈴木呂亜 つくね乱蔵 平山夢明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/06/28

    内容紹介 すぐ読めて、あっ! 怖い 恐怖が連続する152話の実話怪談 人気シリーズ第5弾! 1~2ページの怪談を詰め込んだ恐怖度MAXの一冊。ホラーの鬼才・平山夢明を筆頭に、黒木あるじ、黒史...

  • 恐怖箱 厭獄 715円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/17

    内容紹介 「こいつで呪いを注入する...」 村の秘祭で使われた鬼の面と木刀。それに宿る怨嗟の因縁とは...? 陰鬱な闇から滴る怪と命の水音。暗黒ゆえに引き込まれる実話怪談! 町の観光名所を探...

  • 恐怖箱 万霊塔 715円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/02/14

    内容紹介 その「実(はなし)」は毒。 喰らう覚悟はあるか? 情念の指に、雑巾のごとく胸を絞られる快苦。 骨まで揺さぶる実話怪談! 生者と死者の情念が絡み合う生々しい怪奇事件、その恐怖の一部...

戸神重明関連作品

  • 上毛鬼談 群魔 748円
    作家 戸神重明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/06/29

    内容紹介 丸ごと1冊、群馬県の本当にあった怖い話! 群馬の怪奇案内人として怪談会やメディアで大活躍の著者が、県内で起きた怪奇事件・恐怖体験を徹底調査、全力取材で書き下ろしたご当地実話怪談集。 ...

  • 怪談標本箱 毒ノ華 715円
    作家 戸神重明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/10/29

    内容紹介 禍き宝石か、花の如き怪。 人柱の水路と無縁仏に挟まれた借家 歴代の彼女5人を殺した牛革の魔法円 全国から採話した恐怖実話! 昆虫や鉱石の標本の如く、全国から採話した怪と不思議をコレク...

  • 群馬百物語 怪談かるた 715円
    作家 戸神重明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/04/27

    内容紹介 富岡製糸場の乾燥場を撮ると妙なモノが写ってしまう... 前橋市の血吸い岩、桐生市の魔の姫地蔵、高崎城址の怪ほか、群馬県のご当地怪談100! ●飛び降り自殺の多発するマンション。落下地...

  • 怪談標本箱 死霊ノ土地 715円
    作家 戸神重明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/06/28

    内容紹介 「赤い部屋で寝るな」 社宅として提供された空き家の禁忌。やがて恐ろしいことが...(収録話「死霊ノ土地」より) 高崎で怪談会を主宰する著者が聞き集めた戦慄の実話! 高崎で怪談会を主...

  • 怪談標本箱 雨鬼 715円
    作家 戸神重明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/06/29

    内容紹介 榛名、赤城、角落、山の怪。新前橋駅の陸橋に潜む魔とは? 群馬最恐伝説、あやし恐ろしの上毛怪談! 神々の棲まう山と、魔の森と湖。前橋、高崎、安中、藤岡、館林...鶴舞う形の群馬県で起...

  • 怪談標本箱 生霊ノ左 715円
    作家 戸神重明
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/11/08

    類を見ぬ怪。忘却を許されぬモノ。 体験者の心に深く刺しとめられた、恐怖の封印怪談! 衝撃のソロデビュー作「恐怖箱 深怪」より2年、待望の第2弾! 職員が次々と身体の左側を壊していく職場、その理...

内藤駆関連作品

  • 夜行怪談 748円
    作家 内藤駆
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/08/30

    内容紹介 「人に仇為す者になってしまう...」 土葬が掟の或る地域。 守らぬと恐ろしいことが... (「土葬」より) 死霊、生霊、生首、鬼、異形... 何が出るか分からぬ暗夜の道行き、奇怪な実...

  • 恐怖箱 夜泣怪談 715円
    作家 内藤駆
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/29

    内容紹介 「雨さんって呼んでいるの」 家族が死んだ日から物置部屋に現れた灰色の人。 その部屋から見える景色はいつも雨で......(「雨」収録) 摩訶不思議な現実。奇想天外な恐怖。 とにかく...

服部義史関連作品

  • 実話怪奇録 北の闇から 748円
    作家 服部義史
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 北海道の空恐ろしい話、胸に沁みいる心霊譚! 【札幌市】幻の血が溢れる薄野の裏路地 【旭川市】事故現場に囚われた少年霊 【恵庭市】絶対に祓えない霊が居座る最恐物件 【小樽市】写真に写り...

  • 蝦夷忌譚 北怪導 715円
    作家 服部義史
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/04/27

    内容紹介 札幌市手稲区のコンビニ前に伏す黒い影。跨ぐと火に纏わる凶事が... 北海道の住宅地・民家で現在進行形で起きている怪、 今もっとも身近で恐ろしい道内のご当地怪談!! 大ヒット前作「恐怖...

  • 恐怖実話 北怪道 715円
    作家 服部義史
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/02

    内容紹介 「耳が、とられる...! 」 M前城の耳塚に浮かぶアイヌの生首を見た男は? 摩周湖、富良野、羊蹄山の怪。札幌、函館から釧路、稚内まで怪拓者が見た最果ての恐怖! 北海道は「北怪道」。...

久田樹生関連作品

  • 樹海村〈小説版〉 880円
    作家 久田樹生 清水崇 保坂大輔
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/21

    内容紹介 「お姉ちゃん知ってる? この箱が置かれた家はね、 みんな死んで家系が絶えるの」 人々を戦慄させる禍々しい古くから伝わる強力な呪いを、 歪な木々や地を這う根が生える、 不気味で壮大な樹...

  • 社畜怪談 715円
    作家 久田樹生 黒碕薫 佐々原史緒
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/09/10

    内容紹介 〈お前はいいよな、生きてて...〉 最近、急に痩せ始めた先輩社員の家で聞こえたのは...「ガリガリ」より パワハラに呪詛返し――弱者たちの復讐がいま始まる。 ブラックもブラックな、職...

  • 南の鬼談 九州四県怪奇巡霊 715円
    作家 久田樹生
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/04/01

    内容紹介 摩崖仏の祟り、幻の駅舎、鰐塚山の発光体、死の禁足地... 大分、熊本、宮崎、鹿児島、九州4県で目撃・体験された戦慄の怪異譚! 【大分県】 ・当主が岩肌に掘った自作の摩崖仏を拝んでから...

  • 犬鳴村 [小説版] 825円
    作家 久田樹生
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2020/01/16

    内容紹介 『呪怨』の清水崇監督が映画化! あなたは日本最恐の心霊スポット〝犬鳴村〟を知っていますか? 「この村の名は検索しないほうがいいよ」 「“午前二時に鳴る公衆電話”」 「トンネルを抜けた先...

  • 「超」怖い話 死人 715円
    作家 久田樹生
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/11/08

    體に纏わりつく死醜、心に沈殿してゆく死界...絶対恐怖の実話怪談! 徹底した取材から綴られる最新恐怖実話! 怪異に遭遇するというのは事故に遭うようなものなのかもしれない。忌まわしき死人たちの戯...

  • 「超」怖い話 怪牢【分冊版】『黒孩子』『関という老人』 110円
    作家 久田樹生
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/08/18

    過去の怪奇体験がトラウマとなり、その時の恐怖から逃れられないでいる者。血と地の因果、祟りともいうべき影に付き纏われ続ける者。はたまた己の内から這いずる恨み、憎しみの念に縛られ、自らが異形と化して...

三雲央関連作品

  • 心霊目撃談現 715円
    作家 三雲央
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2019/10/28

    内容紹介 彼女がトイレのドアを閉められぬ理由(ワケ)。 日常の薄皮を剥いて見えた地獄。震え止まらぬ初単著! 恐怖箱シリーズのアンソロジーで、寡作ながら毎度印象深い話を持ってくる隠れた名ハンタ...

  • 恐怖箱 海月【分冊版】『うそぶく光景』『最後の晩餐』『... 110円
    作家 三雲央
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/08/18

    果てのない海をたゆたう海月。掴みどころのない半透明の姿は、不気味だけれども幻想的。だが、不用意に近寄ればたちまち鋭い毒にやられ、その傷はいつまでも消えずにじくじくと痛む......。思えば、この...

  • 恐怖箱 海月 702円
    作家 深澤夜 三雲央
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/04/29

    果てのない海をたゆたう海月。掴みどころのない半透明の姿は、不気味だけれども幻想的。だが、不用意に近寄ればたちまち鋭い毒にやられ、その傷はいつまでも消えずにじくじくと痛む......。思えば、この...

  • 恐怖箱 睡蓮 704円
    作家 鳥飼誠 三雲央 鈴堂雲雀
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2014/10/24

    睡蓮はヒツジグサとも呼ばれ、羊の刻(午後2時頃)に花を咲かせ、夜にまた閉じる。これを3回繰り返すと命が尽きる。古来、蓮は穢れた水中から空高く茎を伸ばして咲く姿から、極楽浄土の花と尊ばれてきた。だ...

渡部正和関連作品

竹書房文庫関連作品