読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

福永武彦 電子全集15 『別れの歌』、随筆の家としてI。

福永武彦 電子全集15 『別れの歌』、随筆の家としてI。
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2750円(税込)
ポイント還元 27ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/08/16

師・堀辰雄との交情を記した初随筆集『別れの歌』をはじめ、『遠くのこだま』、『枕頭の書』等の随筆に、対談集『小説の愉しみ』を収録。

福永武彦による初の随筆集『別れの歌』(1969年刊)から、第2随筆集『遠くのこだま』(1970年刊)、第3随筆集『枕頭の書』(1971年刊)を中心に、単行本未収録の随筆13作に加え、対談集『小説の愉しみ』から中村真一郎、丸谷才一、遠藤周作らとの対談、鼎談等10本を収録。
福永においては、エッセイ(評論)と随筆とは明確に区別されていた。彼にとって一文の主役が対象(物)であるエッセイ(評論)に比して、主役が福永自身である随筆は「自らにとっての真実を伝える」ための文章であった。
『別れの歌』は、若き日の回想を綴った作品を中心として編まれ、特に文学上の師匠とも呼べる堀辰雄との交情を描いた「別れの歌」や、堀と出会い、後に自身が長期滞在することになった「信濃追分だより」、徴兵検査に向かう不安神経症の症状や、清瀬の療養所での足かけ7年に及ぶ入院生活の日々を描いた「日の終りに」等の随筆が収録されている。
旅、絵画、音楽、映画、日常生活に言及した『遠くのこだま』、自身の読書遍歴が垣間見られる『枕頭の書』とともに、福永の内面に写った真実を感じ取るのに恰好の作品集である。
附録として、『別れの歌』に収録され、作家・室生犀星との思い出を綴った「文士の本懐」の自筆草稿、福永自筆の内田百閒著書註文書簡等も収録。

シリーズ作品

福永武彦関連作品

  • 告別 1100円
    作家 福永武彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/17

    異国で出会ったマチルダとの深い愛を諦め妻と娘のいる家庭へ戻った上條慎吾。娘の自殺、上條の死、死は響き合い世界は暗く展かれる。

  • 660円
    作家 福永武彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    その塔に行き、最後の部屋に到達したとき、僕の前に開けた運命は? 鮮やかな幻想世界を構築した表題作「塔」、ほか初期の名作6編。

  • 意中の文士たち (1~2巻) 990円1100円
    作家 福永武彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/13

    私淑し敬愛する意中の文士たち。鴎外・漱石・芥川・荷風・谷崎・梶井基次郎・中島敦そして川端康成へ「感謝の現れ」をオマージュに。

  • ゴーギャンの世界 1100円
    作家 福永武彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/13

    著者の詩魂が、ゴーギャンの魂の孤独、純粋な情熱、内なる真実と交響する。深い愛情で育んだ第一級の評伝文学。毎日出版文化賞受賞。

  • ボードレールの世界 1100円
    作家 福永武彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/13

    愛と孤独と死の意識を追求し、全精神、全人生の精髄としての風景をボードレールに見た、心の深みを凝視し続ける福永武彦文学の原点。

  • 矢の家 774円
    作家 A・E・W・メースン 福永武彦
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2017/11/24

    豪邸×毒殺×名探偵! フランスの避暑地で資産家の婦人が死亡したのを受け、パリ警視庁の探偵アノーが急行する。現地でくり広げられる犯人と名探偵との心理闘争。文豪・福永武彦の翻訳で贈る傑作ミステリ。

小学館関連作品

「日本」カテゴリ