読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

半日の放浪 高井有一自選短篇集

半日の放浪 高井有一自選短篇集
電子書籍版
価格 1155円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2019/09/13

疎開先で入水した母の遺骸を凝っと見つめる、少年の目。二世帯住宅にするため、明日は家を取り壊すという日、嬉々とする妻をよそに、街に彷徨い出た初老の男の目。――戦争と母の自死を鮮烈に描いて文学的出発を告げた、芥川賞受賞作「北の河」、人も街も変質する世情への微妙な違和感を描く「半日の放浪」など、透徹した観察眼で昭和という時代を丸ごと凝視し続ける、高井有一の自選7短篇。

高井有一関連作品

  • 遠い日の海 660円
    作家 高井有一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/09/06

    米軍の攻撃で両親を失い孤独な女性27歳、家主の息子で新制男子高校生、級友でラグビー部の花形。3人の戦争の傷痕が刻まれた青春。

  • 少年たちの戦場 1045円
    作家 高井有一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/08/09

    敗戦の色濃くなった昭和20年、農村に学童疎開した少年たちの不安と飢えの日。少年らの裡に生まれる孤独を見据えて描く鮮烈な秀作。

  • 時の潮 1265円
    作家 高井有一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/19

    今日、昭和が終った。昭和に生まれた私は、私の時代が終わってしまった気がした。戦時下に生まれ戦後を生きる男女。野間文芸賞受賞作

講談社文芸文庫関連作品

「日本」カテゴリ