読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

自動車(クルマ)が家電になる日2030年―――これ1冊で「モビリティ革命」の全容がわかる!

自動車(クルマ)が家電になる日2030年―――これ1冊で「モビリティ革命」の全容がわかる!
電子書籍版
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2019/09/27
紙書籍版 取り扱い中

次世代自動車ビジネスの勝機はココにある。
潮流に向けた渦を探せ!
国立研究開発法人・産総研のスタートアップアドバイザー永井武氏が認める、
自動車ユーティリティの変貌に向けた要件。

クルマは家電になる――。
クルマは、モーターで駆動する「電気製品」となると同時に、
冷蔵蔵やエアコンのような「汎用品」となる時代を迎えようとしています。

電動化や自動運転に代表される「モビリティ(移動)革命」が始まろうとしているのです。
このような自動車社会の行方については、
めざましい技術革新を軸にすでにさまざまな分析・研究があります。


本書では、こうした潮流( トレンド) を踏まえて、
「生活者」の視点でモビリティ革命を捉えなおしました。
・完全自動運転で、道中は本当に豊かになるのか
・無人コミュニティバスを巡回させれば、過疎地域は活性化するのか
・交通渋滞がなくなれば、家族での遠出はもっと増えるのか

このような視点も加え、
潮流に向けた渦(ボルテックス) を発展させることが本書の狙いです。

さまざまなご意見はもあるかと思いますが、
自動車業界のみならず、あらゆる分野で活躍している皆さんの「ビジネスチャンスの発掘」に、
本書が少しでもお役に立てれば幸いです。
(「はじめに」より)


■目次

はじめに

プロローグ 2030年、私たちの自動車生活はどうなっている?
―― 一足先に近未来をバーチャル体験してみよう

第1章 クルマ社会が、いつのまにか激変している!
・モビリティ革命の代名詞「Case」とは?
→4つのトレンドを戦略的に結び付けた
→「電動化」には4つの流れがある
→「自動運転」は5つのレベルで段階的に進む
→「コネクテッド」でクルマはIOTたんまつになる
→「シェアリング」には2つタイプがある

・CASEで自動車生活はどう変わっているのか?
→ディーゼル不正とパリ競艇で電動化が加速
→電動化の「本命」は電気自動車
→高速道路や過疎地で「自動運転」は当たり前
→音声認識アシスタントと「会話する」時代
→配車アプリの導入から「ロボタクシー」へ

・交通システムを大変革する「MaaS」とは?

第2章 「クルマの歴史」から未来を読む

第3章 生活者の目線で見る「モビリティ革命」

第4章 次世代自動車ビジネスのロールモデルとは

緊急討論 いまこそ、潜在ニーズ発掘のチャンス!

本書に寄せて ポスト・グローバリゼーションの時代を切り拓く

■著者 鈴木誠二

あさ出版関連作品

「企業・業界よみもの」カテゴリ