読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

湾岸線に陽は昇る

湾岸線に陽は昇る
電子書籍版
価格 660円330円(税込)
2020/02/06 23:59まで
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 260
販売開始日 2019/10/04

僕が僕であることを見つけるために、ずいぶん遠回りをしてきた。演劇への夢破れ、無為の日々を過ごした青春時代。やがて一念発起、放送作家になって、がしがし働いた。アマゾンへ、インドへ、東欧へ、カンボジアへ......地球の果てまで歩きまわった放浪と再生の日々。〈絶叫詩人〉ドリアン助川の魂の叫びを聴け! 挫折、放浪、再生......ガムシャラに走ってきた「金髪先生」の青春記。僕が僕であること、君が君であること......骨に響くメッセージ!

ドリアン助川関連作品

  • 夕焼けポスト 1540円
    作家 ドリアン助川
    出版社 ポプラ社
    販売開始日 2019/11/29

    夕暮れに現れる不思議なポスト、それは人々の苦悩を受け止めるポストだった。悩みの手紙と返事によって織りなされる癒しの物語。

  • 水辺のブッダ 1584円
    作家 ドリアン助川
    出版社 小学館
    販売開始日 2019/05/15

    ベストセラー『あん』著者新時代の感動長篇。

  • 新宿の猫 1650円
    作家 ドリアン助川 四宮義俊
    出版社 ポプラ社
    販売開始日 2019/02/15

    新宿の夜、ふたりは猫についての秘密を分け合い、大切な約束をする――。生きづらさを抱えた人々の、名もなき星のような物語。

  • 坂道 -Les Pentes- 1100円
    作家 ドリアン助川
    出版社 ポニーキャニオン
    販売開始日 2018/03/02

    0歳、気付けばボクは生まれていた―。 元「叫ぶ詩人の会」のリーダーであり、小説「あん」がロングセラーとなっているドリアン助川が自らヨーロッパの坂道や街角を切り取った写真と、ある画家の一生を描いた...

  • 多摩川物語 660円
    作家 ドリアン助川
    出版社 ポプラ社
    レーベル ポプラ文庫
    販売開始日 2015/09/04

    岸辺の街の小さな食堂で、映画撮影所で、月明かりのアパートで。 名もなき人びとの輝ける一瞬を描く短篇集。 「花丼」など全8篇。

  • ピンザの島 1760円
    作家 ドリアン助川
    出版社 ポプラ社
    販売開始日 2015/09/04

    かつて父と夢を分かち合った「その人」は、今も島でチーズを作っているのだろうか? 幻のチーズづくりに賭ける男たちの物語!

講談社文庫関連作品

「紀行・旅行エッセイ」カテゴリ