読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

オーガ(ニ)ズム

オーガ(ニ)ズム
電子書籍版
価格 2242円(税込)
ポイント還元 22ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 864
販売開始日 2019/09/26
紙書籍版 取り扱い中

いまや阿部の手によって、物語は象徴性と固有性の重力圏から離脱しつつある。――齋藤環氏(精神科医・批評家)

著者は、日米関係そのものを体現する壮大な偽史を書き上げたといえるだろう。――大和田俊之氏(アメリカ文学者)

ラリー・タイテルバウムと阿部和重は本作の中で本作の中の世界を救ったが、次に、あなたの世界であなたの世界を救うのは、あなた自身なのだ。――樋口恭介氏(作家)

《三体》三部作は全世界で2900万部以上という驚異的なベストセラーに成長したが、《神町》三部作は文学的にもスケール的にも(ついでに分量的にも)じゅうぶんそのライバルとなりうる小説だ。――大森望氏(翻訳家・書評家)

* * *

現実が終わり、伝説も終わる――

作家・阿部和重の東京の自宅に、ある夜、招かざる客が
瀕死の状態で転がり込んできた。

その男・ラリーの正体は、CIAケースオフィサー。
目的は、地下爆発で国会議事堂が崩落したことにより首都機能が移転され、
新都となった神町に古くから住まう菖蒲家の内偵。
新都・神町にはまもなく、アメリカ大統領オバマが来訪することになっていた。

迫りくる核テロの危機。
新都・神町に向かったCIAケースオフィサーと、幼い息子を連れた
作家は、世界を破滅させる陰謀を阻止できるのか。

『シンセミア』『ピストルズ』からつづく神町トリロジー完結篇。
作家、3歳児、CIAケースオフィサーによる破格のロードノベル!

阿部和重関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    潮待ちの宿 1599円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    海に臨む宿で少女が待つものとは―― 歴史小説の名手が初めて挑む人情噺。 口減らしのため備中の港町・笠岡の「真なべ屋」に連れてこられた志鶴。 潮待ち宿のそこでは、商人や仲買人たち、時には怪しい旅...

  • 新着!
    夜の谷を行く 1400円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。 いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。 桐野の作品世界で新解釈される“女たちの連合赤軍事...

  • 新着!
    反日種族主義 日韓危機の根源 1599円
    作家 李栄薫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場! 日本支配は朝鮮に差別・抑圧・不平等をもたらした。だが、だからといって、歴史に嘘をつくことはできない。 緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の...

  • 新着!
    グランドシャトー 1500円
    作家 高殿円
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    「楽しいことは、みんな大阪から始まった!」 大阪京橋のキャバレーで、導かれるように出会ったふたりの女。 昭和から平成へ、家族を超えた絆を描く女と街の物語。 日本中が高度経済成長に沸く昭和38年...

  • 新着!
    小さな場所 1400円
    作家 東山彰良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    ここで、ぼくは生きている――台北市紋身街 日台同時発売! 切なく沁み入る傑作連作集 台北の紋身街は、日本でいえば新宿・歌舞伎町一番街の一角か、あるいは渋谷センター街の裏路地か――。 世界中のど...

  • 新着!
    あたいと他の愛 1001円
    作家 もちぎ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    Twitter フォロワー47万超え「ゲイ風俗のもちぎさん」のルーツが明らかに! おせっかいでも、人の悩みを聞いて一緒に考え、腐らずに立ち向かってみる。 そんな“もちぎ”ができるまでを描いた初の...

「社会・思想」カテゴリ