読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

なんでわざわざ中年体育

なんでわざわざ中年体育
電子書籍版
価格 681円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2019/10/09
紙書籍版 取り扱い中

なんで私がスポーツを!?
中年たちは皆、運動を始める。人気作家・角田光代が、フルマラソン、登山、ボルダリング――様々なスポーツに果敢に挑戦した、爽快エッセイ。

おそらく私はこのまま中年ど真ん中になっても、20代のような手痛い失恋をして、10代の娘のように傷つくだろう、一方で、体はどんどん衰えていくのだろう。
年齢と精神と肉体はどんどんアンバランスになっていくだろう。
30数年間、一度も積極的にやったことのない運動をはじめたのは、この予感がきっかけである。
(まえがきより)

運動が得意、好きな人だけが運動をするのではない。だけど、嫌いだと自覚しているからこそ、続けられることもある。健康維持のためというわけでもない。たまに山登りで「ハイ」になったり、ワイン飲みマラソンで「酔狂」を体験したり......。志の低いユルい楽しみ方こそ、中年体育の特権ではなかろうか。
笑い転げながら読んでいると、不意に襲う感動。インドア作家の挑戦に勇気づけられる、傑作エッセイ集。

※この電子書籍は2016年10月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

角田光代関連作品

文春文庫関連作品

  • 白蛇教異端審問 520円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    ケンカ・キリノの真骨頂といえる初のエッセイ集。 直木賞受賞直後の多忙な日々を綴った日記や書評、映画評、いわれなき中傷に対して真摯に真っ向から反論する表題作の長篇エッセイに加え5篇のショート・ス...

  • グロテスク (1~2巻) 750円791円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    光り輝く、夜のあたしを見てくれ! 女たちの孤独な闘いを描いた最高傑作。 名門Q女子高に渦巻く女子高生たちの悪意と欺瞞。 「ここは嫌らしいほどの階級社会なのよ」 悪魔的な美貌を持つニンフォマニ...

  • 錆びる心 591円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    「家出するなら夫の誕生日にしようと心にきめていた......」 人間のダークサイドを炙り出した作品集。 十年間堪え忍んだ夫との生活を捨てて家政婦となった主婦。囚われた思いから抜け出して初めて見...

  • 玉蘭 630円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    魔都上海で交錯する過去の愛と現在の恋。 大伯父の幽霊により、有子は過去と現在が交錯する世界へと導かれる。 ここではないどこかへ......。 東京の日常に疲れ果てた有子は、編集者の仕事も恋人も...

  • メタボラ 1001円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    もはや僕らには、絶望すらも許されないのか......。 記憶喪失の〈僕〉と島を捨てた昭光の、行くあてのない逃避行。社会から疎外された若者たちを通じて現代の貧困を暴き出した問題作。 記憶を失った...

  • アンボス・ムンドス ふたつの世界 719円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    人生で1度だけ思い切ったことをしたからには――。現代女性の奥底に潜む毒を描く、刺激的で挑戦的な桐野文学の方向性を示す短篇集。 不倫相手と夏休み、キューバに旅立った女性教師を待ち受けていたのは非...

「エッセイ・雑学」カテゴリ