読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

掌篇歳時記 秋冬

掌篇歳時記 秋冬
電子書籍版
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2019/10/24
紙書籍版 取り扱い中

綿柎開(わたのはなしべひらく)、水始涸(みずはじめてかるる)、朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)――。季節を表す言葉を鍵に、物語は膨らんでゆく。十二人の作家の想像力で、旧暦「二十四節気七十二候」が現代の物語に生まれ変わった。六世紀ごろに大陸から伝わり、改暦を重ねながら明治の初めまで用いられてきた旧暦。そこには春夏秋冬の四季に留まらない、さらにこまやかな季節が織り込まれている。大暑や立秋、大寒といった季節の節目を表す二十四節気と、「地始凍」「熊蟄穴」など、動植物や空模様がそのまま季節の呼び名に採り入れられている七十二候。古来伝わる“季節の名前”が現代の作家たちを刺激し、味わい豊かな掌篇に結晶した。<旧暦の魅力を知る解説つき>」*電子版には筒井康隆「蒙霧升降」は収録されていません。西村賢太「乃東枯」重松清「鷹乃学習」町田康「大雨時行」長野まゆみ「綿柎開」柴崎友香「玄鳥去」山下澄人「水始涸」川上弘美「蟋蟀在戸」藤野千夜「霎時施」松浦寿輝「地始凍」柳 美里「朔風払葉」堀江敏幸「熊蟄穴」白井明大「輪のようにめぐる季節のさなかで 二十四節気七十二候について」

西村賢太関連作品

重松清関連作品

  • 加油(ジャアヨウ)......! 五輪の街から 660円
    作家 重松清
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2020/10/13

    四川地震の現場で見た五輪開会式の様子から、「一人っ子」政策の網の目をくぐり生まれてくるオリンピック・ベビーとの出会いまで。「死」から「生」の現場へと五輪を背景につむがれる家族の物語。訪中を重ね、...

  • セカンド・ライン エッセイ百連発! 1300円
    作家 重松清
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/10/13

    『ビタミンF』で直木賞を受賞した著者の初エッセー集。バスジャック、池田小事件など「少年」に関するジャーナリスティックな視線から、中上健次との邂逅、故郷、家族などの自分史までが情感豊かに綴られる。...

  • ルビィ 880円
    作家 重松清
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/09/15

    同じ痛みを抱いて、俺たちは、生きている――。自ら命を絶った少女・ルビィと出会った、中年作家のダザイさん。待望の感動長編!

  • ひこばえ (1~2巻) 1320円
    作家 重松清
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/03/09

    世間が万博に沸き返る1970年、洋一郎の父は母と離婚後音信不通に。48年ぶりに再会した父は、既に骨壺に入っていた。遺された父の生の断片とともに、洋一郎は初めて自分と父親との関係に向き合おうとする...

  • さすらい猫ノアの伝説 814円
    作家 重松清
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/08/09

    ある日突然、やってきた黒猫。名前はノアというらしい。「大切なこと」を思いださせてくれる、不思議な猫の物語。

  • 流星ワゴン 803円
    作家 重松清
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った――。僕らは、友達になれるだろうか?

町田康関連作品

  • ホサナ 1705円
    作家 町田康
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/13

    私たちを救ってください。栄光と救済。呪詛と祈り。迷える民にもたらされた現代の超約聖書。著者、新たな代表作。

  • 笛吹川 1265円
    作家 深沢七郎 町田康
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/09/11

    生まれては殺される、その無慈悲な反復。甲州武田家の盛衰と、農民一家の酸鼻な運命。

  • スピンクの笑顔 990円
    作家 町田康
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/15

    スピンクがいなくなって家の中が静かです――。小説家の主人・ポチとスピンクに訪れた突然の別れ。笑顔と喜びが溢れた日々の記録。

  • 記憶の盆をどり 1540円
    作家 町田康
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/10/01

    Machida Kou Variety Show!!! 著者8年ぶりの短篇作品集。名手が演じる小説一人九役!

  • 宿屋めぐり 1153円
    作家 町田康
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    贋の世界へはまりこみ、濡れ衣の数々を着せられ凶状持ちとなった彦名。壮絶な道中の果てに待ち受けるのは。野間文芸賞受賞作

  • 猫のあしあと 607円
    作家 町田康
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    縁あって町田家にやって来た猫たち。自宅だけでなく仕事場にも一頭、二頭と住み始め......。ロングセラー『猫にかまけて』待望の第二弾

長野まゆみ関連作品

柴崎友香関連作品

山下澄人関連作品

  • 小鳥、来る 1870円
    作家 山下澄人
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/04/30

    夏休みが始まった。9歳のおれは、父を倒す日をじっと待っている―― 勉強ができるまーちゃん、毎日万引きするしらとり兄弟、 学年一強い女子のしまだ、何度も車にはねられるたけし。 動物園には誰よりも...

  • ルンタ 1430円
    作家 山下澄人
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/16

    人間の暮らしにうんざりしたわたしは家を出て、ユという女との記憶と死んだはずの友人の中西を道連れに山へ向かう。保坂和志氏絶賛!

  • 壁抜けの谷 1760円
    作家 山下澄人
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2018/03/09

    死んだ友。その妻と娘と性交するぼく。あいまいな記憶――生者と死者が睦み合う、著者渾身の長篇小説。

  • ほしのこ 1629円
    作家 山下澄人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/08/24

    わたしはひとりじゃない。 夜、見上げれば、わたしには わたしが生まれた あの赤い星の近くの星が見える。 子どもと、かつて子どもだった人へ贈る物語。 芥川賞受賞第一作! 「生きるというのは永遠...

  • ギッちょん 867円
    作家 山下澄人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/04/28

    新芥川賞作家の傑作小説集! 「しんせかい」で第156回芥川賞を受賞。鮮烈なスタイルで現れた山下澄人の初期傑作集を待望の文庫化! 『ギッちょん』『コルバトントリ』二冊の単行本を一冊に。 〇収録...

  • 砂漠ダンス 704円
    作家 山下澄人
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2017/04/07

    「砂漠へ行きたいと考えたのはテレビで砂漠の様子を見たからだ」――北国に住むわたしが飛行機に乗って到着した街は、アメリカの古くからのカジノの街。レンタカーを借りて向かった砂漠で、わたしは、子どもの...

川上弘美関連作品

  • わたしの好きな季語 1760円
    作家 川上弘美
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2020/12/04

    96の季語から広がる、懐かしくて不思議で、ときに切ない俳句的日常。 俳人でもある著者による初めての「季語」にまつわるエッセー集。散歩道で出会った椿事、庭木に集う鳥や虫の生態、旬の食材でやる晩酌...

  • Seven Stories 星が流れた夜の車窓から 1500円
    作家 恩田陸 井上荒野 三浦しをん 川上弘美 桜木紫乃 糸井重里 小山薫堂
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/11/26

    寝台列車「ななつ星」から生まれた極上のストーリー。 列車の旅を愛する人たち垂涎の豪華寝台列車「ななつ星」は、開業7年目を迎えるいまも、予約が取れない状況が続いています。 ゆったりと流れる時間、車...

  • 三度目の恋 1870円
    作家 川上弘美
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/09/23

    すべての女を虜にする男、ナーちゃんと結婚したわたし。夢のなかでは別の女として恋をするようになり......。恋愛の深淵をのぞく長編。

  • 七夜物語 (1~3巻) 561円583円
    作家 川上弘美
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2020/09/07

    小学4年生のさよは、母親と二人暮らし。ある日、図書館で出合った『七夜物語』というふしぎな本にみちびかれ、同級生の仄田くんと夜の世界へ迷いこんでゆく。七つの夜をくぐりぬける二人の冒険の行く先は?

  • 神様 503円
    作家 川上弘美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/08/31

    四季折々に現れる不思議な生き物たちとのふれあいと別れ...うららでせつない九つの物語。デビュー作「神様」収録。ドゥ マゴ文学賞、紫式部文学賞受賞短篇集。

  • 物語が、始まる 607円
    作家 川上弘美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/08/31

    公園の砂場で拾った<雛型>との不思議な愛の顛末を描く表題作ほか、奇妙で、ユーモラスで、どこか哀しい四つの幻想譚。芥川賞作家の初めての短篇集。

藤野千夜関連作品

松浦寿輝関連作品

柳美里関連作品

  • 飼う人 880円
    作家 柳美里
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/01/04

    ウーパールーパー、カエル、蛾、蝶と、ちょっと不思議な生き物を飼う人々が、いつしかその生き物たちに依存するかのごとく、不穏な領域に踏み込んでいく姿を描いた異色連作集。 全米図書賞受賞で話題の作家の...

  • オンエア (1~2巻) 692円
    作家 柳美里
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    不倫、裏切り、自殺、決定的なスキャンダル~柳美里だから書けた「女子アナ」の世界。著者初のエンターテイメント巨編。

  • ねこのおうち 814円
    作家 柳美里
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/07/05

    ひかり公園で生まれた6匹のねこたち。いま、彼らと、その家族との物語が幕を開ける。生きることの哀しみとキラメキに充ちた感動作!

  • 町の形見 2200円
    作家 柳美里
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/12/21

    ついに柳美里が演劇の世界へ戻ってきた!20年の時を超え「青春五月党」が再始動。表題作&新作戯曲「町の形見」に加え、福島を舞台にした「静物画2011」「窓の外の結婚式」を収録。

  • 柳 美里 自選作品集 (1~2巻) 3300円
    作家 柳美里
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ワニの本
    販売開始日 2018/06/22

    福島県南相馬市小高に住む作家・柳美里の名作が収録された自選作品集を全六巻で刊行。 第一弾『柳美里 自選作品集 第一巻 永在する死と生』 ミリオンセラーとなり多くの反響を呼んだ「命」四部作――「命...

  • 国家への道順 1188円
    作家 柳美里
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2017/11/10

    <わたしは「日本人」に問います。「あなたは自分が何を考え、何をしているか、解っていますか?」> 7年にわたる長期連載エッセイが待望の書籍化! 「国家」とは、「国民」とは何なのか?「普通」とは何な...

堀江敏幸関連作品

白井明大関連作品