読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

人前であがるのはしょうがない ~あがり症を克服した僕が伝えたい魔法のコトバ~

人前であがるのはしょうがない ~あがり症を克服した僕が伝えたい魔法のコトバ~
電子書籍版
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/11/15

あがり症に20年も悩まされてきた私からあなたにお伝えしたいこと

あがり症とは、人前で何かするときに極度の緊張を伴う症状のことを言います。

誰しも人前でスピーチするときや、大人数での発言などは緊張しますよね。
しかし、あがり症の人は人前で何かするのが異様なほど恐ろしく、人によっては自分がおかしくなってしまうのではないかと思うほどの恐怖を感じます。

かくいう私自身も、20年にわたってあがり症に悩まされてきました。
私がその状況から抜け出そうと決心した出来事があります。

ある日、秋田にある実家に帰郷したときのことです。
こたつの中で母と向き合っているとき、何の前触れもなく突然、全身に緊張が走ったのです。
私は愕然としました。
「もう一生、誰かの前でも心から安心し、リラックスすることはできないのではないか......」
そんな恐怖と不安が重くのしかかりました。

追い詰められた私がようやくたどり着いたのが、この本でご紹介する「森田療法」と「アドラー心理学」です。

この本で書いているのは、あがり症を治すためだけのハウツーではありません。
本当の意味で「あがり症を克服」し、自分らしく幸せに生きるための「生き方の指針」です。
私自身の体験に加え、私のところに相談に来られた7名の方の事例を交えながら、そのエッセンスをご紹介します。

本書を読んでくださったあなたがあがり症の苦しみから解放され、今よりも楽に生きられるようになることを心より祈っています。

▼著者紹介
佐藤健陽
佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表。アドラーカウンセラー、社会福祉士、精神保健福祉士などの資格を持つ。
福島大学卒業。高校の頃にあがり症を発症し約20年悩み克服に至る。
現在はあがり症のカウンセリングやセミナーを開催中。アドラー心理学ライフスタイル診断をライフワークとする。
著書「あがり症は治さなくていい」(旬報社)。

▼目次
はじめに
第1章 そもそもあがり症とは?
あがり症は治るものではなく、忘れるもの
こんな人はあがり症になりやすい
あがり症の人が苦手としやすい場面
第2章 あがり症を克服した7人の事例と解説
事例1 あがり症克服のカギは「逆説」である
事例2 行動を意識したらいつの間にか克服していた
事例3 “意味”を見出せば恐怖を越えられる

impress QuickBooks関連作品

インプレス関連作品

「精神病理学」カテゴリ