読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

人間喜劇

人間喜劇
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/11/15

時は第二次世界大戦の時代、14歳のホーマーは、カリフォルニアのイサカの町で学校に通いながら、自転車に乗って電報を届ける仕事をしている。彼が運ぶ青年たちの戦死の知らせは、人びとを悲しみのうずにまきこむ。やがて出征している自分の兄の死を最愛の母に伝える日が訪れる......。一家をささえて働く少年の目にうつる、生と死が織りなすドラマ。作者サロイヤン(1908~81)はアルメニア系移民の子としてカリフォルニアに生まれる。新聞売りや図書館員などの仕事をしながら、作家を志した。『我が名はアラム』など、名作の数々は世代をこえて愛読されている。

小島信夫関連作品

  • 美濃 1771円
    作家 小島信夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/09/04

    小説家が郷土の詩人に自分の年譜を頼んだことから、小説家のルーツを美濃を媒介にして探る、自由奔放に展開する物語。新機軸の長篇。

  • 抱擁家族 1144円
    作家 小島信夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/07/31

    妻の情事をきっかけに家庭の崩壊は始まった。不気味に音もなく解けて行く家庭の絆。現実に潜む危うさの暗示。時代を超え現代に迫る。

  • うるわしき日々 1562円
    作家 小島信夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/07/24

    老作家、アル中の息子、再婚した妻...。複雑な現代の家族と老いのテーマを私小説を越えた自在の面白さで描く『抱擁家族』の30年後。

  • 別れる理由 (1~6巻) 715円
    作家 小島信夫
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2019/12/12

    姦通をテーマに“愛のカオス”を描いた大作。

  • ハッピネス 715円
    作家 小島信夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/09/20

    会話の多い小気味よい文体が、モノローグのように読者に訴えかける。独自の感性で現代文学の地平に未知の領域を拓く、新鮮な短篇群。

  • 墓碑銘 1463円
    作家 小島信夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/09/06

    アメリカ人の父親と日本人の母親の許に生まれた男が、日米開戦を機に日本人として生きることを強いられる。壮絶な自己喪失の過程!

グーテンベルク21関連作品

「海外」カテゴリ