読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

森保ジャパン 世界で勝つための条件 日本代表監督論

森保ジャパン 世界で勝つための条件 日本代表監督論
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 891円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2019/11/22
紙書籍版 取り扱い中

2022年カタールW杯の出場権をかけた戦いが始まった、サッカー日本代表「森保ジャパン」。世界の壁を突破するために必要な条件は、いったい何なのか? 代表監督に求められる資質とは?‐かつて日本代表を率いた監督の系譜をひもときながら、「森保ジャパン」の未来を考察していく。著者による、歴代監督12人の独自採点付き。

I 代表監督、世界とかく戦えり
ハンス・オフト
‐‐日本をワールドカップに最も近づけた初の外国人指導者
パウロ・ロベルト・ファルカン
‐‐キングメーカーに疎まれた自由放任主義の短命監督
加茂 周
‐‐望され続けた日本の名将はなぜ代表では名将になれなかったか?
岡田武史(第1次)
‐‐予選敗退の危機を救った合理的で冷徹な判断力
フィリップ・トルシエ
‐‐エキセントリックな問題児? 異色の指導者が日本に残した大きな遺産
ジーコ
‐‐自身の天才が仇となったスーパースターの悲劇
イビチャ・オシム
‐‐未完に終わった「日本サッカーの日本化」 史上最も尊敬された日本代表監督
岡田武史(第2次)
‐‐躍進を生んだ大胆な決断の裏にも論理的な裏付けあり
アルベルト・ザッケローニ
‐‐「温厚な紳士」が招いた必然の惨敗
ハビエル・アギーレ
‐‐「疑惑」によって座を追われた陽気なメキシコ人監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ
‐‐速い攻撃を志向して見誤った日本サッカー100年の伝統
西野 朗
‐‐攻撃サッカーの申し子が示した勝負師としての真骨頂


II 森保ジャパンは世界で勝てるか?
森保 一
‐‐順調なスタートを切った「気配りの人」が導く新生日本代表
2020年のその先へ
‐‐日本代表が世界の頂点に立つ最良のシナリオ

日本代表黎明期の15人‐‐日本代表が「全日本」と呼ばれた時代

後藤健生関連作品

NHK出版新書関連作品

「スポーツ」カテゴリ