読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

死体の叫び[新編]

死体の叫び[新編]
電子書籍版
価格 649円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/11/22

これまで封印してきた保険金殺人事件の詳細について、元東京都監察医務院長が初めて明かした。いかに巧妙なトリックを労しても、死体が殺人であることを語っているとわかる。
FILE1 東南アジア保険金殺人事件
FILE2 長崎・佐賀保険金殺人事件
FILE3 検死システムの充実を訴えていた二つの毒殺事件
FILE4 あばかれた完全犯罪の野望
FILE5 多額の保険がかけられた転落事故の真相
FILE6 看破された自動車転落事故の偽装
FILE7 「疑惑」の波の中であがいた凶悪犯の末路
FILE8 犯行を許した、被害者の無防備な意識
FILE9 不審死の真相は事故か病死か?
FILE10 家族の無念を晴らした死体のメッセージ

上野正彦関連作品

シティブックス関連作品

  • 扉は静かにノックされた 私立探偵・伊賀光二シリーズ 682円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/02/07

    霙降る肌寒い夕方、私立探偵・伊賀光二の事務所に美しい人妻が尋ねてきた。新婚の今川美由紀、二十八歳。 「捜していただきたいのは、わたしの主人です」結婚7ヵ月目に突然蒸発した四歳年上の夫の捜索依頼だ...

  • カブキの日 671円
    作家 小林恭二
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/02/07

    出雲の阿国以来四依頼百余年の歴史を持つ歌舞伎は変革期を迎えようとしていた。 歌舞伎の祖である阿国と名古屋山三郎の狂言を軸に、歌舞伎の生き残りをかけた闘いが壮大なスケールで語られる。

  • 屋久島殺人原始林 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/02/07

    長野県警諏訪署の刑事・道原伝吉の家では、娘の比呂子のために買った一眼レフのカメラをいじりながら団らんを楽しんでいた。 伝吉はその時、200ミリのズームカメラの距離を合わせる目盛りを見て、天狗岳で...

  • 遠来の客たち 561円
    作家 曽野綾子
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/01/31

    今も健筆を誇る作家曽野綾子のデビュー作がよみがえった! 芥川賞候補になった短編「遠来の客たち」を収めた、全7編からなる短編集。 20代に書かれた作品群は、いずれもみずみずしく、意欲に満ちている。

  • 夫婦の情景 660円
    作家 曽野綾子
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/01/31

    夫婦にとって何が大切で、何が夫婦に幸せをもたらすのか。そして、夫と妻、それぞれの幸せと不幸せとはいったい何なのか? 壊れやすい夫婦の愛と心を、温かいまなざしで描いた極上の短編集。

  • デイトリッパー 聖少女戦国色欲遷移譚 682円
    作家 神崎京介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/01/24

    聖少女として一世を風靡した元アイドルの篠木聖利は、今は当時の面影はない。 聖利が心機一転、新たな世界で頑張ろうと踏み出したのは、ストリップの世界。20歳の決断だった。 舞台に立ち、スポットライト...

「社会学」カテゴリ