読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

突きの鬼一 雪崩

突きの鬼一 雪崩
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 715円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2019/12/06
紙書籍版 取り扱い中

恐るべし熔化の術!秘剣・滝止敗れたり!?

次男・重二郎を溺愛するあまり、なりふり構わぬ振舞いに出る実母・桜香院に腹心の江戸家老・黒岩監物が目を剥いた。北山藩の財政は、伊豆国諏久宇の飛び地に産する良質の天草から作る寒天収入に支えられていた。桜香院が跡目相続の御沙汰を得んと、こともあろうに、幕府に飛び地返上を申し出たというのだ。城下の寒天問屋から多額の賄賂を手にしていた監物が拱手傍観するわけがない。母の命が危うい。これまでのいきさつ、母子の恩讐を越えて一郎太が立ち上がった。――真冬の甲州街道小仏峠は雪に覆われていた。「重二郎の一粒種、重太郎病に倒れる」の報に接した桜香院は、取るものも取りあえず国元に急いでいた。それとなく桜香院の駕籠を視野に入れて、後を追う一郎太と神酒藍蔵、ひとり駕籠に先行して警戒を怠らぬ国家老の配下・興梠弥佑。雪の降り積もった峠道に立ち塞がった山賊を目にした監物に、もとより驚きはなかった。思惑通り、なすすべなく倒される供侍。そこに満を持して駆けつけた一郎太ら三人の斬撃はすさまじく、勝敗の帰趨は一瞬で決した。だがそれは北山藩の土台を揺るがす大騒動の序章にすぎなかった。大好評「鬼一シリーズ」第5弾。

鈴木英治関連作品

小学館文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    空貝 村上水軍の神姫 1540円
    作家 赤神諒
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/01/28

    瀬戸内の伝説的女性大将・鶴姫。村上水軍を率いて日本最強の大内水軍を幾度も退けた、その恋と数奇な運命を描いた本格長編歴史小説!

  • 山本周五郎 作品集 (1~17巻) 110円
    作家 山本周五郎
    出版社 オリオンブックス
    販売開始日 2020/01/24

    時代小説の名手、山本周五郎が描いた人情話の傑作集。さまざまな事情を抱え、必死で生きていく人々に思わず胸が熱くなる。

  • 三国志 柴錬痛快文庫 715円
    作家 柴田錬三郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    張飛と呂布の壮烈な一騎討ち、関羽の千里行、魏の曹操を打ち破る赤壁の戦い......。最高に面白く胸躍る名場面を1冊で楽しめる名著。

  • 平蔵 1801円
    作家 逢坂剛
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/24

    殿のご母堂は、ご存命なのでございますか? 悪い奴は誰も、その男の顔を知らない――。 「鬼平」へのオマージュをこめて描く逢坂版〈火付盗賊改・長谷川平蔵〉シリーズ。 長谷川平蔵は父・宣雄の庶子であ...

  • 軍師 官兵衛 (1~2巻) 715円
    作家 岳宏一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    播磨の田舎大名の家臣だった黒田官兵衛。織田信長の下に伺候した彼は、荒木村重と羽柴秀吉に出逢い運命を切り拓くべく秀吉に賭けた!

  • 天正十年夏ノ記 715円
    作家 岳宏一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    神の座に就こうとする信長との交渉役を務めた天皇の秘書官の目を通し、未曾有の動乱期を生き抜いた天皇と公家を描く渾身の歴史小説。

  • 御家の狗 715円
    作家 岳宏一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    莫大な富をもたらした金山奉行・大久保長安、鬼謀をめぐらした本多正信・正純父子...家康の天下盗りはこの漢(おとこ)たちが支えた!

  • びいどろの城 715円
    作家 白石一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    平賀源内は、交易をめぐって幕府を無視する長崎へ田沼が送りこむ隠密。江戸時代随一の都会であった長崎をユニークに描き込む野心作。

  • 異説幕末伝 柴錬立川文庫・日本男子物語 660円
    作家 柴田錬三郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    動乱の幕末、己の意志を貫いた反骨たちの、爽快な「覚悟の人生」を、奇想天外な着想で描く。時を忘れるほどの面白さ、柴錬巷談。

  • はぐれ長屋の用心棒 (1~47巻) 506円671円
    作家 鳥羽亮
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/01/24

    鏡新明智流の遣い手、華町源九郎は家督を息子に譲り、自由気儘な長屋暮らし。ある日なにやら訳ありの迷い子を連れてきたことから、五千石のお家騒動に巻き込まれることになる。

  • おれは一万石 (1~11巻) 528円671円
    作家 千野隆司
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/01/24

    一俵でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ぎりぎり一万石の大名家に婿として入った十七歳の若者が、失敗を繰り返しながらも奮闘し、家臣や領民と徐々に心を繋げて藩政を立て直してゆく。待望の新シリーズ!

  • 照れ降れ長屋風聞帖〈新装版〉 (1~2巻) 550円715円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/01/24

    日本橋魚河岸と背中合わせの、履物屋と傘屋がひしめく照降町。九尺二間の貧乏長屋に仲人稼業のおまつ、連れ子のおすずと肩寄せ合って暮らす浅間三左衛門は一見冴えない痩せ浪人だが、元は上州七日市藩士、しか...