読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

安心して、死ぬために ~幸福なまま旅立ちたいと思っているあなたへ~

安心して、死ぬために ~幸福なまま旅立ちたいと思っているあなたへ~
電子書籍版
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2019/11/29
紙書籍版 取り扱い中

療養型病院と救急医療の現場で死を見届けてきた医師が伝える
平穏なまま逝くための大事な心得
「ひとり自宅で死ぬ」は穏やかなな逝き方です

人生は苦しいこともあれば、大変なこともあります。でも、最期のとき、「幸せな人生だった」と思うことができれば、それは悔いのない人生だったといえるでしょう。超長寿社会のなかで、いま考えるべきは、どう長生きするのかの先にある“どう安心して旅立っていけるか”です。
本書には、幸福なまま旅立っていける、大事な心得が満載。最期はお世話になるかもしれない終末期医療の問題点も指摘、その対策も書かれています。自分のために、家族のために、ぜひ一読して欲しい!


【目次より抜粋】
第一章 命は、終わらない
・あの世で決めたテーマを学びに、この世に来る
・魂(運転手)は、最適な身体(車)を選んでくる...etc.

第二章 感謝上手は、死に上手
・心配すると、それが現実となる
・目の前のヒト・モノ・コトすべてに感謝する...etc.

第三章 みんな死ぬときは、ひとりです
・あの世から迎えに来る人、待っている人
・ひとりで立派に旅立つ ~母の場合~
・「孤独死はかわいそう」の風潮にまどわされない...etc.

第四章 お迎えが来るその日まで、精いっぱい楽しむ
・目の前のことに夢中になる
・「努力」「一所懸命」を目的にしない
・もう一度、童心にもどる...etc.

第五章 「死に上手」になるための準備
・ピンピンコロリと逝くために
・家族がいてもいなくても、リビングウィルを作っておく
・在宅医療をしてくれる、かかりつけ医を見つける
・墓は必ずしもいらない...etc.

第六章 今の医療で「死に上手」になるために
・医療はほどほどに使う、という提案
・病院は平穏死をさせてくれない所だと、覚えておく
・突然倒れてしまったら
・延命治療とは、どんな治療か知っておく...etc.

第七章 「死ぬこと」は自然にまかせて
・食べられなくなったら、お迎えのサイン
・寿命を知っていたら、どう生きる?
・「死ぬこと」は心配いらない...etc.

矢作直樹関連作品

扶桑社BOOKS関連作品

「臨床心理学」カテゴリ