読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

一倉定の社長学――伝説の経営コンサルタント

一倉定の社長学――伝説の経営コンサルタント
電子書籍版
価格 1980円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/11/29
紙書籍版 取り扱い中

【内容紹介】

知る人ぞ知る伝説のコンサルタント・一倉定(いちくらさだむ)。その教えを、事例を交えてコンパクトな1冊に!!

「世の中に、良い会社とか悪い会社なんてない。あるのは、良い社長か悪い社長だけである。会社は社長次第でどうにでもなるんだ」と断言。

この一言こそ、一倉定の信念だった。

本書は、「一倉社長学」が説く「正しい社長の考え方、行動」「事業経営の原理原則」を、現在の経営課題をも踏まえつつ、まとめた渾身の経営書である。「一倉社長学」の教えをさらに進化させた内容になっている。

【著者紹介】

[著]作間 信司(さくま・しんじ)

日本経営合理化協会専務理事1959年生まれ。山口県出身。

メーカー・商社・小売・サービス業など、現在まで300余社を指導する気鋭のコンサルタント。協会主催の社長塾「地球の会」「事業発展計画書作成合宿セミナー」などの講師を歴任し、現在「佐藤塾 ~長期計画~」副塾長、「JMCA幹部塾」塾長を務める。田中道信氏の「会長業の実務と心得(CD)」の聞き手、社長のための“声”の経営情報誌「月刊CD経営塾」の番組ナビゲーターとして活躍中。執筆中の協会のメルマガ、社長のための経営コラム「経営無形庵」も好評。共著「事業発展計画書の作り方」、解説「執念の経営」。

【目次抜粋】

まえがき

第1章 「社長の教祖」一倉定

第2章 社長の教祖が「カミナリ」を落とすとき

第3章 社長とは「事業を経営する人」である

第4章 一倉社長学を支える「経営の両輪」

第5章 高収益の事業構造に我社を作り変え続ける

第6章 「資金」こそ事業の命

第7章 鬼の一倉、仏の一倉

第8章 先代創業者から後継社長へ、一倉イズムの承継

あとがき

プレジデント社関連作品

「経営学」カテゴリ