読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

私の「紅白歌合戦」物語

私の「紅白歌合戦」物語
電子書籍版
価格 791円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2019/12/05
紙書籍版 取り扱い中

令和元年暮れに七十回目を迎えた紅白歌合戦。
昭和49年より9年連続で白組司会を務めた元NHKアナウンサーだから書ける舞台の裏側と、とっておきの話。
誌上での再現放送や、当時の著者の日記も公開。


目次

一 「紅白」はこうして始まった
二 「紅白」が私に近づいてきた
三 「紅白」真っ只中
第25回NHK「紅白歌合戦」誌上放送
対談・佐良直美×山川静夫 「紅白」黄金時代裏話
四 「紅白」ちょっといい話
初のテレビ放送/審査員の変遷/森光子さんの思い出/
“サブちゃん”の存在/宮川泰さんのこと/素敵な蝶ネクタイ/
忘れたマイク/昭和52年「紅白歌合戦」始末記/
「紅白」雪景色/水前寺清子さんの「情」/
頭の回転がするどい黒柳徹子さん/中村メイコさんの気配り/
東北人、新沼謙治と千昌夫/「紅白歌合戦」と阿久悠の魔法
対談・由紀さおりと×山川静夫 わが心の「紅白歌合戦」
五 「紅白」よ、どこへ行く
あとがき

山川静夫関連作品

文春文庫関連作品

  • ファインダーズ・キーパーズ (1~2巻) 880円
    作家 スティーヴン・キング 白石朗
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    『IT』『シャイニング』で知られるモダン・ホラーの巨匠キングが、小説への愛をこめた渾身のミステリー! キング初のミステリー『ミスター・メルセデス』の続編登場。 少年ピートが川岸で掘り出したのは...

  • 火盗改しノ字組 (1~4巻) 750円765円
    作家 坂岡真
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    「鬼役」の坂岡真、渾身の新シリーズ発進! 火盗改の駆け出し侍が、個性豊かでアクの強い仲間たちと江戸の巨悪に敢然と立ち向かう。 九代将軍徳川家重の治世。越後新発田藩の浪人の息子・伊刈運四郎は、直...

  • 死体は語る (1~2巻) 540円691円
    作家 上野正彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    死体は雄弁な証言者、検死結果には想像を超えるドラマがひそむ。変死体を扱って三十余年の元監察医が綴る法医学入門

  • 余話として 711円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    1979年に刊行以来、いまも版を続ける司馬遼太郎のエッセイ集の新装版。 「人間の何事かについて小説の構想を考えているとき、無数の、といっていいほどの無駄ばなしが脳裏を去来する」と司馬さんは「あ...

  • 日々是口実 691円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    週刊文春の人気連載! ツチヤ先生の「口実」満載のエッセイ集。 妻と弟をお供に旅行に出かけたり、78歳のスーパーボランティアに衝撃を受けたり、 教え子との会話に興じたり、不幸のモトに思いをはせた...

  • ファーストラヴ 781円
    作家 島本理生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その...

「エッセイ・雑学」カテゴリ