読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

牡丹の庭

牡丹の庭
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 188
販売開始日 2019/12/13

後添いとして14も年上の男に嫁いだ彰子は、家にも、夫と息子の日々の習慣にも色濃く残る先妻の幻影に怯え、とりわけ彼女が丹精した牡丹の庭に憎悪すら覚えるようになった。後妻に入った女性の微妙な心のゆらめきと翳りを、柔らかな筆で繊細に描く表題作はじめ、「白い打掛」「隅田川べり」など、女性のさまざまな生き方を情感溢れる筆致でとらえた7編を収録。清冽な抒情で心理の襞を描く純文学短編集。

芝木好子関連作品

  • 新着!
    湯葉・隅田川・丸の内八号館 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/14

    徳川瓦解により禄を離れた幕臣の娘が湯葉商の養父を助け奮闘する女流文学者賞受賞作ほか、明治・大正・昭和三代の女の系譜を辿る。

  • 群青の湖 715円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    琵琶湖のほとりにひとり嫁いだ瑞子は旧家の重みと夫の背信から、幼い櫻子をつれ生れ育った四谷に戻る。格調高く織りあげた傑作長編。

  • 春の散歩 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/17

    心に残る人と旅の思い出、美とのふれ合い、趣味の楽しみ。著者が生れ育った下町の暮しと、移りゆく世相への哀惜をこめた、名随筆集。

  • 築地川・葛飾の女 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    芸術を志し、胸奥に火を抱く、繊細で華奢な女たちの、ひたむきな生をうたいあげた、下町の感性を受け継ぐ、女三代記の名作2編。

  • 下町の空 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    芸大で邦楽に打込む築地川育ちの下町っ子。先輩の新進演奏家との恋の行方は......。愛の波紋のさまざまを鮮やかに描く恋愛小説集。

  • 紫の山 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    表題作、「白萩」「変身」「隠れ谷」「双生」「二つの棺」「晩秋」。揺れ動く微妙な女性の心の襞を細やかに描き上げた7つの名作集。

講談社文庫関連作品

「日本」カテゴリ