読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

外交戦 ~日本を取り巻く「地理」と「貿易」と「安全保障」の真実~

外交戦 ~日本を取り巻く「地理」と「貿易」と「安全保障」の真実~
電子書籍版
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/12/17
紙書籍版 取り扱い中

地政学によって
一国の「政治」「軍事」「経済」のすべてが変わる!

●韓国への輸出規制は、世界に対する日本の責任
●米中「貿易戦争」、軍配が上がるのはどちらか
●「相手が引けば自分が押す」のが国際政治の常道

“ファクト”と“ロジック”に基づく、
「困った国々」との立ち回り方!


外交の「本当のところ」を解き明かす!
今、この瞬間も、各国は「外交=貿易と安全保障」をめぐってしのぎを削っている。
どうしたら最大限、自国に有利に持っていけるだろうかと戦略を練り、つねに出方を伺っている。

・日本はなぜ韓国をいわゆる「ホワイト国」から除外したのか

・アメリカと北朝鮮が急接近しているのは、どういうことか

・なぜ、アメリカは中国たたきを激化させているのか

・アメリカのトランプ大統領は、結局のところ、日本にとって是なのか非なのか

そういう意味では世界には「平時」などじつは存在せず、
随時随所で、外交という「戦」が繰り広げられているのだ。


■目次

●プロローグ
・国民の利害に直結する「外交」
・国際関係の基本プロセスは「合コン」と同じ
・知識の浅い素人がはまりやすい「落とし穴」
・これで「外交を考えるセンス」が一気に鋭くなる

●1章 「貿易」から国際関係を考える
・マクロで考えれば「自由貿易」が最適解
・「負け」は「永遠の負け」ではない
・互いに栄えれば戦争もしなくなる
・貿易赤字を問題視するのはバカバカしい
・貿易収支に「損得」や「経済成長」は関係ない
・見るべきは「経常収支」
・「アジア版ユーロ」は可能か
・人道支援も、ゆくゆくは自国のためになる

●2章 「安全保障」から国際関係を考える

●3章 隣国韓国の「本当の話」

●4章 今、日本の周辺では何が起こっているのか

●5章 世界の「覇権争い」はどうなっていくのか

●エピローグ 「自分の頭で考える」という習慣をもつ

■著者 高橋洋一

高橋洋一関連作品

  • 日本の大正解 1144円
    作家 高橋洋一
    出版社 ビジネス社
    販売開始日 2021/02/19

    経済、政治、ビジネスから身近な事象に至るまで、 どうにも腑に落ちない疑問を“高橋節”で一刀両断! 時に冷静に、時に暴走気味にノンストップで語りまくる。面白すぎるこの国の「正しい答え」の数々!!

  • めった斬り平成経済史 1232円
    作家 高橋洋一
    出版社 ビジネス社
    販売開始日 2021/02/19

    高橋洋一が平成日本経済を一刀両断! 今こそ歴史から学び取れ!「失われた30年」の真相と日本経済再興への道筋!

  • 武器になる経済ニュースの読み方 1200円
    作家 高橋洋一
    出版社 マガジンハウス
    販売開始日 2021/01/28

    内閣官房参与が大胆予測!! コロナ禍の日本経済はどうなるか...? 「経済ニュース」の正しい読み方! 国が行う経済政策は、どこか自分とは関係のないところで動くものだと多くの人は考えがちだ。 ...

  • 国民はこうして騙される Fakeが「FACT」に化ける... 1485円
    作家 高橋洋一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2020/12/12

    リーマンを上回る戦後最悪の経済ショック、懸念される長引く景気低迷、失業率増加! 今こそ真実(ファクト)を見極めろ!

  • 「NHKと新聞」は嘘ばかり 850円
    作家 高橋洋一
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2020/06/26

    バランスシートで見た「健全すぎる財務状況」と受信料の取り過ぎ。英BBCのように「CM入りの公共放送」にしてもまったく問題ない。

  • 明解 経済理論入門 1650円
    作家 高橋洋一
    出版社 あさ出版
    販売開始日 2020/06/11

    世の中には、ウソや誤解から生まれた論説がはびこっている。 虚構まがいの論説を世間に振りまく人も、 それを信じ込んでしまう人も、じつのところ陥っているところは同じだ。 こういう人たちには、その場...

あさ出版関連作品

「国際経済」カテゴリ