読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

兵器を買わされる日本

兵器を買わされる日本
電子書籍版
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2019/12/18
紙書籍版 取り扱い中

第二次安倍政権誕生後の7年間、日本の防衛費は右肩上がりを続けている。その多くを占めるのが米国製兵器の購入費や維持費だ。対日貿易赤字を減らしたいトランプ大統領が仕掛けるディールに応じ、官邸主導の兵器購入が進む実態を徹底取材で解明する。

本書の基になった東京新聞の調査報道キャンペーン「税を追う」は2018年10月29日から掲載が始まった。税の流れを追い、無駄づかいや政官財界の利権を明らかにするのが目的で、防衛省の兵器調達予算や沖縄・辺野古の米軍新基地建設工事、東京五輪予算、医療費・薬剤費などのテーマを掘り下げ、2019年11月までに約130本のニュース・連載記事を掲載し継続している。一連の記事は、2019年の日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞を受賞した。本書は第2次安倍政権で増大する防衛費に絞って追加取材し、自動車関税の引き上げを切り札に日本に兵器購入を迫るトランプ米大統領の戦略や、官邸主導で米国製兵器の輸入を拡大させ、再び軍拡の道を進み始めた日本の防衛戦略の内実に迫った。本書の取材・執筆は鷲野史彦、原昌志、中澤誠、望月衣塑子、藤川大樹が担当した。

【主な内容】
第1章 自衛隊を席巻する米国兵器~トランプ大統領の兵器ディール
第2章 アメリカ絶対優位の兵器取引~対外有償軍事援助
第3章 降って湧いた導入計画~ミサイル防衛のイージス・アショア
第4章 実は火の車の防衛費~米国兵器爆買いのツケ
第5章 聖域化する防衛費~兵器輸入拡大で禁じ手連発

文春新書関連作品

  • 「馬」が動かした日本史 950円
    作家 蒲池明弘
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/01/20

    馬が日本の歴史を動かした! もともと馬がいなかった日本列島に、馬が持ちこまれたのは五世紀ごろ。 古墳時代の中期である。それを期に、この国は大きく変貌を遂げた。 「馬」という補助線をひいて、日本...

  • 知の旅は終わらない 僕が3万冊を読み100冊を書いて考... 1001円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/01/20

    立花隆を要約するのは非常に困難である。まさに万夫不当にして前人未踏の仕事の山だからだ。時の最高権力者を退陣に追い込んだ74年の「田中角栄研究ーその金脈と人脈」は氏の業績の筆頭として常に語られるが...

  • 韓国を支配する「空気」の研究 950円
    作家 牧野愛博
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/01/20

    信念に固執し反論に目を向けない「確証偏向症」が蔓延している! 「日本が好き2割」「日本が嫌い2割」「どちらでもない6割」......それなのになぜ反日は止まらないのか? 慰安婦や徴用工をめぐ...

  • それでも、逃げない 880円
    作家 三浦瑠麗 乙武洋匡
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/12/20

    乙武洋匡が三浦瑠麗に、その生い立ち、家族、孤独を訊ね、三浦が乙武の不倫騒動、さまざまなチャレンジでぶつかった困難に迫る! いじめ、孤立、セクハラ、同調圧力、ネットでの炎上......。生きづら...

  • 英語で味わう万葉集 880円
    作家 ピーター・J・マクミラン
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/12/18

    Englishで万葉集の魅力を再発見! 日本文学の原点『万葉集』から選りすぐった百首が、美しい英語の詩になりました。 オリジナルの歌と英訳、現代語訳、解説が見開き二ページで一覧できます。 新た...

  • 総会屋とバブル 880円
    作家 尾島正洋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/11/20

    かつて「総会屋」と呼ばれる男たちがいた――。 彼らは闇社会の住人でありながら、上場企業の株主総会に株主として出席し、経営陣を震え上がらせた。壇上の経営陣にイチャモンまがいの質問を突きつけて締め...

文藝春秋関連作品

  • 新着!
    高倉健の美学 今に生きる201の言葉 1300円
    作家 小田貴月 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/13

    「義理人情は無理じいするものじゃない」「カッコいいとは、哀しく儚くなければならない」「勝っても負けても戦ったってのが大事」――。昭和を代表する映画スター、高倉健が遺した201の言葉を集めた。真っ...

  • 新着!
    マスコミ・セクハラ白書 1500円
    作家 WiMN
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/13

    伊藤詩織さん推薦! 「どんなに辛い過去の出来事も、伝えることで未来は変えられる」(本書帯コメントより) 「胸触っていい?」「抱きしめていい?」 テレビ朝日の女性記者に対する財務省幹部のセクシュ...

  • 新着!
    国策不捜査 「森友事件」の全貌 1701円
    作家 籠池泰典 赤澤竜也
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/13

    安倍さん、なぜ『嘘』つくんですか!? 森友事件の籠池泰典氏が、初めて明かす衝撃の事実。 500ページに及ぶ独白の記録を2月19日に迫る地裁判決を前に緊急出版! 日本中を巻き込み、過去類例を見な...

  • GETUP!GETLIVE! 1701円
    作家 渡航
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/12

    話題の「声優×二次元芸人」プロジェクト! 発売即完売の1stLIVEを完全ノベル化。舞台では演じられなかった幻のエンディングも収録。 お笑いにかける青春 俺の相方が世界で一番面白い! 『俺ガイ...

  • 人類はなぜ〈神〉を生み出したのか? 2400円
    作家 レザー・アスラン 白須英子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/10

    4万年前、人類は洞窟の奥に祭壇と壁画を残した。 サピエンスと〈神〉の歴史は、そこからはじまる。 「宗教を知れば世界が見える。宗教を知る一つの方法になるこの書は、知的興奮に満ちています」池上彰(...

  • 月曜断食ビジュアルBOOK 1001円
    作家 関口賢 リュウジ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/06

    シリーズ累計20万部の『月曜断食』の進化版が初のビジュアルブックになって登場。 多彩なイラストでわかりやすく解説するとともに、とくに成否の分かれ目となる回復食の摂り方や、 前著の反響として寄せら...

「政治・行政学」カテゴリ