読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

親の認知症に気づいたら読む本

親の認知症に気づいたら読む本
電子書籍版
価格 1386円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 160
販売開始日 2020/01/10
紙書籍版 取り扱い中

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。​



認知症になった親の心の内が理解できるから、
自然に寄り添うことができる。
子どもが知っておくべきこと、すべきことがわかります


「母がこんなことを言い出すなんて」
「あの父がこんなことをするなんて」 ......

親の認知症は、
子どもにとってすぐには受け入れ難いものかもしれません。

認知症の扉をくぐった親の気持ちは、
一体どうなっているのか。

本書では、認知症の人の思いに関する調査をもとに、
認知症の人のリアルな言葉や本音を掲載しています。

認知症本人=親の考えていること、
親の心の中を具体的に知ることができるので、
親との接し方が見えてきます。
接し方がわかれば、認知症に関わるさまざまな困りごとを
避けることができるようになります。

親の認知症の気配に気づいたら、
子どもがすべきことがこの1冊でわかります。

Contents
第1章 親が認知症かも?と思ったら
第2章 認知症って何だろう
第3章 親を受診させる
第4章 親が認知症と診断されたら
第5章 認知症の親との接し方
第6章 子どもの負担を減らすために

杉山 孝博(すぎやまたかひろ):川崎幸クリニック院長。1947年愛知県生まれ。
「公益社団法人認知症の人と家族の会」副代表理事。神奈川県支部代表。
患者・家族とともにつくる地域医療に取り組もうと考え、内科診療と往診・訪問介護を中心にした在宅ケアに携わっている。

杉山孝博関連作品

主婦の友社関連作品

「家庭の医学」カテゴリ