読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

手指の痛み・しびれを放っておくと5年で指が変形! 戻らない! ヘバーデン結節を自力で防ぐ

手指の痛み・しびれを放っておくと5年で指が変形! 戻らない! ヘバーデン結節を自力で防ぐ
電子書籍版
価格 1045円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 64
販売開始日 2020/01/17
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

朝起きると手がこわばる、指の第一関節にぷくっと腫れができた、ペットボトルのふたを開けるとき指先に痛みを感じる...その症状、「へバーデン結節」かも。放置は禁物です!


高齢女性の手指を見ると、第一関節にコブのようなものができていたり、曲がって戻らなくなってしまっていることが少なくありません。これは、「へバーデン結節」という手指の病気の症状です。
「へバーデン結節」は進行性の病気で、放置しておくとやがて少しの刺激でも激痛を引き起こし、およそ5年で指先の関節が変形して戻らなくなるといわれています。

手指の痛みやしびれ、変形といった症状は、とくに更年期を過ぎた女性に多く見られます。正式に診断されていないケースも含めると、患者数は300万人に及ぶとも。
たいていの場合、医療機関を受診しても加齢のせいにされ、「手を酷使しないように」といわれ痛み止めや湿布を処方されるだけ。しかし、日常生活のなかで手を使わないというのはとても難しく、また、手元は人から見られるので、女性にとっては大きなストレスとなります。

そんな手指のつらい症状に悩む方々をラクにしたい、と日本で初めて「へバーデン結節外来」を開設したのが、本書の監修者、富永ペインクリニック院長の富永喜代先生です。
痛み改善ドクターとして、「金スマ」などテレビ出演も多い富永先生考案の「10秒神経マッサージ」は、1日2回、神経ポイントを10秒間、自分で刺激するだけ。多くの患者さんがこのマッサージにより諦めていた手指の痛みから解放されたといいます。さらに2019年の日本ペインクリニック学会でも発表し、そのマッサージ効果にますます注目が集まっています。

本書では、自宅でも簡単にできる「10秒神経マッサージ」の方法を、丁寧にイラスト付きで解説。
痛みが起こるメカニズムから、「へバーデン結節」をはじめとする手指や手首が痛むさまざまな病気、自分でできる痛みの予防・改善法、今すぐやめたいNG習慣、痛いときに役立つ生活の知恵などまで、あますことなくご紹介しています。

手指が痛くて包丁が握れない...、スマホ操作が痛くてできない...、力を込めてグーが握れない...、そんな症状があれば、まず読んでみてください。時に手指の痛みには、糖尿病、脳梗塞、頸椎症、ヘルニアなどといった、重大な疾患が隠れていることも。
まずは痛みの原因を知り、痛みから解放される...その手助けとなる一冊です。

富永喜代関連作品

扶桑社ムック関連作品

「健康法」カテゴリ