読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

おいしい給食

おいしい給食
電子書籍版
価格 770円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2020/01/21
紙書籍版 取り扱い中

映画化決定!
市原隼人主演で人気の笑って泣ける学園グルメエンタメ!
ハンサムだが無愛想な数学教師・甘利田幸男。彼の唯一の楽しみは「給食」だ。鯨の竜田揚げ、ミルメーク、冷凍ミカン、ソフトメン――。構成を見極めバランス良く味わう甘利田に対し、彼を挑発するように斬新な方法で給食を食す生徒が現れた。甘利田はその生徒・神野をライバル視し勝手に勝負を仕掛けるが......。

紙吹みつ葉関連作品

中公文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    沙漠と青のアルゴリズム 1540円
    作家 森晶麿
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/25

    読書と絵画を巡り、現代に生きる主人公の若手出版編集者が、時空さらには虚実を自在に行き来する。究極のSFミステリー!

  • 新着!
    それを小説と呼ぶ 2585円
    作家 佐々木敦
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/25

    「批評」の終幕、そして「小説」の到来。小説という問題への探求、その思考の足跡をすべて刻んだ文芸批評家としての最後の主著。

  • 新着!
    それをAIと呼ぶのは無理がある 1650円
    作家 支倉凍砂
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/11/24

    私だけの完璧な相棒を端末にダウンロードできたら、友達なんていらない!? でも現実の恋や夢は万能AIにも計算不能で......。生まれたときからAIに囲まれて育ってきた主人公たちを描く。『狼と香辛...

  • 新着!
    ランジーン×コード (1~6巻) 452円650円
    作家 大泉貴 しばの番茶
    出版社 宝島社
    レーベル このライトノベルがすごい!文庫
    販売開始日 2020/11/21

    第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の大賞受賞作です。人間の脳に巣食う特殊な意識「コトモノ」をめぐる異能力バトル。ある日、「コトモノ」の集団が襲撃される事件が続発。主人公は事件に巻き込まれ、...

  • この骨董が、アナタです。 660円
    作家 仲畑貴志
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    骨董と病気は人間を変える。伊万里、李朝、唐津、仏像と、骨董に狂った男の、骨董に翻弄される快楽の日々。笑えて悲しいエッセイ集。

  • 畏怖する人間 1320円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    群像新人文学賞受賞作はじめ、その出発以来、同時代の「知」に圧倒的な衝撃を与えつづけて来た著者の、秀れた光芒を放つ第一評論集。

  • 意味という病 1265円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    日本のシェークスピア論のパラダイムを批判し、明晰な論理と思考の下に、新しい「マクベス」像を描く「マクベス論」などの作品群。

  • 奥の細道 1980円
    作家 山本健吉
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/20

    俳聖一代の名紀行を読み究めた平明達意の訳文と清新懇篤な解説・鑑賞と、芭蕉芸術の到達点としての「軽み」の境地を考究した論考。

  • 坂口安吾と中上健次 1320円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    日本の怠惰な知性の伝統の中で、闘う知性としての安吾と中上を論じた、74年から95年までの批評を集成した、伊藤整文学賞受賞作。

  • 柿本人麻呂 715円
    作家 山本健吉
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/20

    生活伝承の卓抜な理解に基づき日本詩=短歌の源流たる万葉集に新たな光をあて、短歌的抒情の変革者かつ偉大な完成者たる歌聖を解く。

  • マルクスその可能性の中心 660円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    作品の外にどんな哲学も作者の意図も前提にしないで読むこと、まだ思惟されていないものを読むこと。作品を読むことの意を問う!

  • 反文学論 1100円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    世界的な批評家が’70年代後半に書かれた唯一の文芸時評集。「感想」の連なりの中で、暗に「近代文学」の終焉を宣言した、記念碑。