読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

本 人の縁とは不思議なもので・・・

本 人の縁とは不思議なもので・・・
電子書籍版
価格 825円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/01/24

作家デビュー第一作として語られる、伝説的な作品。グレープ解散直後、23歳のときに刊行された。高校時代からグレープとして多忙を極めた時期までのことを、思い出としてではなく、当時の感性で書いている貴重な一冊。
家族、友人たちのこと、趣味の話、グレープの活動ウラ話や相棒・吉田政美の話題も豊富。グレープ4枚目のシングル「朝刊」をパロディにした戯曲や、主人公の学生2人がタイムスリップするSF小説も収録され、エッセイはもちろんのこと、「作家さだまさし」の片鱗が垣間見える。
※初版発行1976年3月20日(底本:八曜社1981年5月10日第31印発行)

さだまさし関連作品

  • 心の時代 576円
    作家 さだまさし
    出版社 ソニー・ミュージックエンタテインメント
    販売開始日 2020/01/24

    さだまさし46歳のときに刊行されたエッセイ集。24枚目のソロ・アルバム「心の時代」と同名の書籍で、リリース翌月の1998年10月に刊行された。各章冒頭に、収録楽曲すべての詩が引用され、そのイメー...

  • 風待煙草 968円
    作家 さだまさし
    出版社 ソニー・ミュージックエンタテインメント
    販売開始日 2020/01/24

    著者のソロ・デビューとともに発足した“まさしんぐWORLD”(オフィシャル・ファンクラブ)の会報誌に連載された“身辺雑記”(「まえがき」より)に書き下ろし原稿を加えたエッセイ集。 グレープ解散の...

  • 絶対温度 618円
    作家 さだまさし
    出版社 ソニー・ミュージックエンタテインメント
    販売開始日 2020/01/24

    文庫版は『心の時代』と同時発刊、単行本は1996年4月刊で、21枚目のソロ・アルバム『さよならにっぽん』から半年後である。 ちょうど自殺やいじめが社会問題になった時期で、「命を捨てるなら、学校(...

  • 噺歌集 (1~5巻) 499円
    作家 さだまさし
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/10/18

    3時間のコンサートのうち2時間はしゃべる、という しゃべりストさだまさしのステージをまるごと再現する活字ライブ。 シリーズ第一集は1980年前後のおしゃべりの中から選んだ 傑作面白ばなしをまと...

  • 二小節の詩 愛を読むカレンダー365 499円
    作家 さだまさし
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/10/18

    若きさだまさしが人生、愛、音楽を語った選りすぐりの365の言葉。 「体内に燃えたぎる熱い血を抱きしめて、それでも僕は、できるだけ静かに歩いてゆくつもりです。」 「『言葉』というもの程、鋭い刃物...

  • 落談まさし版 三国志英雄伝 499円
    作家 さだまさし
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/10/18

    さだまさしの「語り」で甦る中国英傑たち。 さだまさしが、あの古典を語ったら......? 劉備が、曹操が、そして諸葛孔明が、なんだかおかしい。有名な中国英傑たちが、近所のおじちゃんに思えてくる...

ソニー・ミュージックエンタテインメント関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ