読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

戦後と私・神話の克服

戦後と私・神話の克服
電子書籍版
価格 1100円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2020/01/31
紙書籍版 取り扱い中

戦後の「正義」に抗い、自身の「私情」に忠実であることを表明した「戦後と私」、三島由紀夫、石原慎太郎、大江健三郎を論じた卓越した批評「神話の克服」。「私」三部作ほか、癒えることのない敗戦による喪失感と悲しみを文学へと昇華した批評・随想集。自作回想「批評家のノート」初収録。
〈解説〉「江藤淳と『私』」平山周吉
【目次】
I
文学と私/戦後と私/場所と私/文反古と分別ざかり/批評家のノート

II
伊東静雄『反響』/三島由紀夫の家/大江健三郎の問題/神話の克服

III
現代と漱石と私/小林秀雄と私

解説 江藤淳と「私」(平山周吉)

江藤淳関連作品

中公文庫関連作品

  • 新着!
    私の彼は腐ってる 748円
    作家 九条菜月
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/21

    祖父の死で天涯孤独になった揚羽。その時、約束通り迎えにきてくれた許婚の伊織と同居するが、なぜか彼は広い洋館で姿を見せない。執念で探し出し問い詰める最中、伊織の腕がぼとりと落ちた。「じつは私、ゾン...

  • 新着!
    北条早雲 (2~4巻) 858円902円
    作家 富樫倫太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/21

    後に「北条早雲」と呼ばれることになる伊勢新九郎。父の任地・備中荏原郷で過ごした幼少期から、都で室町幕府の役人となり、駿河でのある役目に乗り出すまで――稀代の悪人にして、一代で伊豆・相模を領する大...

  • 論語 1760円
    作家 貝塚茂樹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    二千五百年の長きにわたり読み継がれてきた、孔子やその弟子たちの言行録。簡潔・素朴でありながら深い含蓄のある言葉には、生きる智恵が詰まっている。新解釈を交えつつ、新注・古注に照らして懇切な解説を付...

  • 刑事・鳴沢了 (1~3巻) 935円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本...

  • 詩人の旅 増補新版 990円
    作家 田村隆一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    小海線の車窓の眺め、若狭の水、奥津の温泉......。荒地の詩人は、ウイスキーを道連れに日本各地に旅立った。「ぼくの感情旅行」と雑誌『旅』の作品を中心にユーモラスな十二の紀行文とエッセイ「ぼくの...

  • 大暴落 ガラ 内閣総理大臣・三崎皓子 968円
    作家 幸田真音
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/04/30

    日本初の女性総理大臣となった三崎皓子だが、党重鎮の横槍で組閣が滞る。そんななか「今後の降雨量次第では、荒川が決壊し東京が水没する」との情報が入り、台風も相次いで発生...。一方、時を同じくして一...

「エッセイ・雑学」カテゴリ