読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日本型プラットフォームビジネス

日本型プラットフォームビジネス
電子書籍版
価格 1980円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 232
販売開始日 2020/02/03
紙書籍版 取り扱い中

GAFAをはじめとするメガテック企業たちの脅威が喧伝され、
日本企業はなすすべはなく飲み込まれてしまう、という印象が持たれている。
しかし、メガ企業だけが利益を独占するというのは言い過ぎであり、
プラットフォームビジネスの中には、まだ生き残る余地は十分に残されている。

日本企業が得意としてきた戦略を、プラットフォームビジネスという
フィールドにあてはめ、どのように戦略を立案・実行すればいいのか。
豊富な事例をもとに、4つの戦略に分けて解説する。

◆ 本書で解説する4つの戦略
本書で解説する戦略とは、大きく分けると
1メガ企業が狙わない隙間をついて、自らプラットフォーマーになる
2メガプラットフォームで必要不可欠な存在になるの2つ。
2については、さらに3つのタイプに分けられる
1特化した市場でプラットフォーマーになる
......建設業界向けにデータプラットフォーム「LANDLOG」を築いているコマツが代表例。
2連携戦略1チャネル活用
......プラットフォーマーをチャネルとして捉え、プラットフォーマーを介した製品・サービスを提供
ライドシェア大手Go-Jekのチャネルを活用したイオンモールのプロモーションほか
3連携戦略2プラットフォーマーを顧客にする
......プラットフォーマーを顧客として捉え、機能を補完する製品・サービスを提供
トヨタによるウーバー、グラブ、ソフトバンクとの連携
4連携戦略3アプリケーション・機能連携
......自社ノウハウを活かし実装したソフトウェアを、他社プラットフォーム上で提供する
テックビューロの「Mijin」をマイクロソフト「Azure」を通じて展開

小池純司関連作品

日本経済新聞出版社関連作品

「日本経済」カテゴリ