読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

屋久島殺人原始林

屋久島殺人原始林
電子書籍版
価格 682円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/02/07

長野県警諏訪署の刑事・道原伝吉の家では、娘の比呂子のために買った一眼レフのカメラをいじりながら団らんを楽しんでいた。
伝吉はその時、200ミリのズームカメラの距離を合わせる目盛りを見て、天狗岳で遭難死した男性のカメラの目盛りに不審を抱いた。
刑事の勘だった。それをきっかけに捜査を開始し、急きょ飛んだ鹿児島県の屋久島に飛んだ。そこでは、殺人事件が次々に起きていった――。
人情刑事・道原伝吉が南に飛び、北に向かう!

梓林太郎関連作品

  • アルプス冬物語 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/03/27

    「無名沢」「赤い崩壊地」「下山近道」「地獄への縦走」「奥又白谷」「魔性の尾根」など全7編からなる山岳推理短編集。

  • 針ノ木岳殺人事件 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/03/14

    新宿駅西口の飲食店街「思い出横丁」にある小さな食堂の店内で、ゴールデンウイーク明け前日の朝に、登山者と思われる服装をした男の刺殺体が発見された。 所持品の中に長野県警豊科署の刑事・道原伝吉という...

  • 人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖 748円
    作家 梓林太郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/03/06

    松本市内の繁華街で、地元の不動産会社社長の船田慎士が刺殺された。 いつも持ち歩いていた数百万円の現金がなくなっていたことから物盗りの犯行と思われた。 十日後、やはり松本市内で、ホステス・三池かな...

  • 怪殺 日光・戦場ヶ原 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/11/22

    上高地に向かうと出かけた山岳エッセイストの柴崎舟が失踪した。彼は一年後、日光・戦場ヶ原で刺殺体となって発見された。北アルプスへの登山のために上高地に向かったはずなのに、日光で殺害されたのか。エッ...

  • 白馬岳 風雪の殺人 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/10/11

    ニュージーランド南島のクック山の登攀に挑戦していた綾部峻に、緊急帰国の報が届いた。友人の北条が後立山連峰鑓ヶ岳での墜死したというのだった。ところが北条の山行計画は北アルプスで、場所も山も違ってい...

  • 黒白の起点 飛驒高山殺意の交差 891円
    作家 梓林太郎
    出版社 徳間書店
    レーベル トクマノベルズ
    販売開始日 2019/10/09

    この女、一体何人殺ってるんだ? 札幌・飛騨高山・上高地...流行作家とその秘書が辿りついた真相とは? 書下ろし長篇旅情推理。

シティブックス関連作品

  • 新着!
    加賀金沢殺人事件 682円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/04/03

    金沢の名勝・兼六園で、雪に埋もれていた女性の刺殺体が発見された。黒百合を口にくわえて死んでいたのは、加賀友禅老舗の一人娘だった。 捜査が始まった矢先、容疑者のひとりだった寺の住職が、口に黒百合を...

  • 生命のバカ力 人の遺伝子は97%眠っている 781円
    作家 村上和雄
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/03/27

    私たちの遺伝情報は、ほとんど眠っているのです。そうすると、眠っている遺伝子をONにして、起きている悪い遺伝子をOFFにすることができれば、私たちの可能性は飛躍的に発展するのです。(はじめに、より...

  • 横浜中華街殺人事件 682円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/03/13

    警察庁遊撃捜査係の宮之原警部は、かつて横浜の所轄時代に親しかった新聞記者、今西から突然連絡を受けた。 女子大生、片桐貴美子が突然失踪し〝現代の神隠し〟と呼ばれている事件について相談したいという。...

  • 半村良コレクション 671円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/03/06

    半村良の初期の短編や中編を収録した。のちの長編のもととなるものや、サイドストーリーとして書かれたものもある。<br>SF作家としてスタートした著者だが、その後人情もの、時代ものなどのジャンルの小...

  • 扉は静かにノックされた 私立探偵・伊賀光二シリーズ 682円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/02/07

    霙降る肌寒い夕方、私立探偵・伊賀光二の事務所に美しい人妻が尋ねてきた。新婚の今川美由紀、二十八歳。 「捜していただきたいのは、わたしの主人です」結婚7ヵ月目に突然蒸発した四歳年上の夫の捜索依頼だ...

  • カブキの日 671円
    作家 小林恭二
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/02/07

    出雲の阿国以来四依頼百余年の歴史を持つ歌舞伎は変革期を迎えようとしていた。 歌舞伎の祖である阿国と名古屋山三郎の狂言を軸に、歌舞伎の生き残りをかけた闘いが壮大なスケールで語られる。

「日本」カテゴリ