読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?

人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?
電子書籍版
価格 2400円(税込)
ポイント還元 24ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 336
販売開始日 2020/02/10
紙書籍版 取り扱い中

4万年前、人類は洞窟の奥に祭壇と壁画を残した。
サピエンスと〈神〉の歴史は、そこからはじまる。

「宗教を知れば世界が見える。宗教を知る一つの方法になるこの書は、知的興奮に満ちています」池上彰(解説より)


人類と〈神〉との出会いから数万年。
われわれの知る〈神〉はいかにして生まれたのか。
カリスマ宗教学者が、認知科学、考古学、歴史学の最新知見を総動員して、サピエンスと〈神〉の歴史をあざやかに紐解いてみせる。

太古のサピエンスが洞窟の奥深くに残した壁画。それが宗教の始まりだった。そこには描かれているのは獣と人間を結合させた架空の動物。エジプトの神々も動物の頭部を持つなど多様な姿を持つ抽象的な存在だった。それはなぜ今あるような〈神〉になったのか。

ネアンデルタールの祭壇、初期サピエンスの壁画、メソポタミアでの文字の発明。エジプトとギリシャの神々を経て、ユダヤ教、イスラム教、そしてキリスト教へ――。
〈神〉の姿はサピエンスの歴史とともに変化する、人類の政治や社会の写し絵でもあった!
全米に衝撃をもたらし、日本でも話題となった前作『イエス・キリストは実在したのか?』で、「人間としてのイエス」の実像を鮮やかに描き出したレザー・アスランが、膨大な文献資料の分析から、ついにキリスト教以前のユダヤ教やイスラム教までも取り込み、〈神〉のサピエンス史を解明する。

レザー・アスラン関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    燃えよ剣 1400円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/06

    司馬遼太郎による国民的ベストセラー、映像化に合わせて待望の新装版刊行。 俺は今日から武士になる――。 佐幕派と倒幕派が対立する幕末の激動期。 武州多摩のバラガキだった土方歳三は、近藤勇、沖田...

  • 新着!
    木になった亜沙 1200円
    作家 今村夏子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/06

    生まれ変わったら甘い実をつけた木になりたい 誰かに食べさせたい。 願いがかなって杉の木に転生した亜沙は、 わりばしになって若者と出会う―。 奇妙で不穏で純粋な三つの愛の物語。 読んだあと、世...

  • 新着!
    Number PLUS 「FIGURE SKATING... 1500円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/02

    FIGURE SKATING TRACE OF STARS 銀盤に願いを。 フィギュアスケート 2019―2020 シーズン総集編 [試練の先に見えた新境地] 羽生結弦 「“再演”は前進のため...

  • しあわせはノラネコが連れてくる 1400円
    作家 イ・シナ 菅野朋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/03/30

    君と出会い、止まっていた人生が動きはじめた――。 韓国でいちばん有名な“ふつうの猫”ヒックのフォトエッセイ! アラサー、独身、定職なし。 大学を卒業したものの定職に就けず、やりたいことも見つか...

  • 罪人の選択 1599円
    作家 貴志祐介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/03/27

    本格的デビュー前に雑誌掲載された“幻の短編”、歴史を越えた本格ミステリから最新SFまで。 濃密なエッセンスが溢れだす珠玉の作品集。 【収録作品】 「夜の記憶」 『十三番目の人格‐ISOLA‐』...

  • 地に這うものの記録 2200円
    作家 田中慎弥
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/03/26

    「僕の名前はポール」--再開発計画に揺れる駅前ビルに突如現れたのは、一匹の喋るネズミ! 市議会議員の浦田さんの助けを得ながら、欲望うずまく人間たちの世界に飛び込んでいく。ついには、堂々市議会に登...

「その他」カテゴリ