読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

簡易生活のすすめ 明治にストレスフリーな最高の生き方があった!

簡易生活のすすめ 明治にストレスフリーな最高の生き方があった!
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 232
販売開始日 2020/02/13
紙書籍版 取り扱い中

簡易生活で「全人類の能力が開花」!? 明治時代に最強のライフハックがあった!

精神論や根性論、ムダな人間関係に疲れてはいないだろうか。
実は、明治の人たちも私たちと同じように、
人間関係や仕事のこと、暮らしのことで悩んできた。

簡易生活とは、明治・大正・昭和初期に知識人や庶民の間で、
密かなブームになった生活法である。
「実用がすべて・簡易で簡素・余計なものは排除」――、
このように行動すると、ムダな付き合いや虚飾が排除され、
個人のポテンシャルは最大限に発揮されるという。
しかし独自解釈をした変わった者もいて......。

気苦労が多かった明治人が残した、日々の知恵とは。
可笑しくて役に立つ、教養的自己啓発書!

(目次)

【序 章】 日々を良くする明治の簡易生活
「思い切り、簡易生活をするんです」/明治はどんな時代だったか/生きづらい時代を明るく暮らすために/簡易生活で無一文から大卒に/知りたがりの明治人/知的好奇心旺盛な明治人/個人が幸せになることの重要性/西洋の影響を受けて/簡易生活とはどんなもの

【第一章】 明治の始める方法・失敗する方法
一日一時間「何か」をせよ/失敗したら取り返しのつかない時代/何事にもとらわれない/誤りはすぐ認め改善/わざわざ小さい部屋へ引っ越しした男/上司小剣の偉大な失敗/メンツより実利/パンで簡易生活を夢見た男

【第二章】 簡易生活は超合理的に考える
物はどこまで減らすべきか?/極端なことは疲れるから続かない/便利さは愛情を減らさない/台所廃止を唱えた男/人を機械のように使ってはいけない/便利さを導入するために/迷信ぎらいの明治人/科学的に考えると騙されない/健康情報はいつの時代も玉石混淆

【第三章】 平民主義で能力が開花する
平民主義は妻の呼び方から/最終目標は全人類の能力の開花/ある一家の超効率的な日常/止まらない奥さんの探究心/ふしぎな『霊肉統一簡易生活』/平民主義で働こう/他人の能力も開花させる簡易生活

【第四章】 疲れる人間関係を断ち切る作法
訪問客の襲来/応接は五分以内で済ませなさい/お世辞は言わない「/顔を持ってきたからお土産はない」を流儀にした男/後ろめたいことをしない/嫌なことは断る

【第五章】 簡易なくらしを追求してみる
ひたすら便利さを追求すればいい「/不生産的」な物は潔く捨てる/和装に悩んだ明治人/簡易生活はデザインを追求する/装飾との付き合い方/美しく、役に立つ物だけを持つ/明治の学生が感動した「自炊生活法」/大体のことは一人でできるようにしておく/一日十銭生活/独自の食品で米騒動に立ち向かう/実際に作って食べてみた

【第六章】 簡易生活的趣味の方法
虚礼だらけの年末年始/簡易生活は楽しさを制限しない/生活の改善を趣味にすることの効用/小さな本棚をひとつ用意してみる/簡易生活的メモのススメ/気取らず、好きなことを書く/日露戦争中に花を広めようとした男/趣味はいつしか天職へ

【最終章】 簡易生活とこれから
自分らしさにたどりつくまで/簡易生活者たちはどこへ行ったのか/簡易生活の残光/簡易生活を続けるということ/簡易生活をまとめてみる「/真に幸福なるもの」

朝日新書関連作品

朝日新聞出版関連作品

  • アサヒカメラ 2020年4月増大号 792円
    作家 アサヒカメラ編集部
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/03/24

    ※定価、ページ表記は紙版のものです。一部記事・写真・付録は電子版に掲載しない場合があります。 ※【特別付録】『第45回 木村伊兵衛写真賞 発表!』は電子版には付属しておりません。 ※『シーナの写...

  • オブジェクタム 1100円
    作家 高山羽根子
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/03/23

    祖父はいつも秘密基地で壁新聞を手作りしていた――大人になった主人公が記憶の断片を追いながら、ある事件と祖父の真相のかかわり合いを探る(「オブジェクタム」)ほか、林芙美子文学賞受賞作「太陽の側の島...

  • 世界96カ国をまわった元外交官が教える 外国人にささる... 1320円
    作家 山中俊之
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/03/23

    ビジネスで海外の人々と関わるのであれば、自国の歴史の知識は必須だ。しかし外国人に関心の高い日本史のテーマは、日本人が好むそれとは大きく異なる。本書は海外経験豊富な元外交官の著者が外国人の興味を引...

  • 記者失格 1210円
    作家 柳澤秀夫
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/03/23

    「あさイチ」で人気を博したヤナギーは時に予定調和を破る発言で人々の心を揺さぶってきた。元は数々の事件・事故、戦場での取材に奔走した「伝説の記者」。そのまっすぐな姿勢の背景には何があり、何を考えて...

  • 夜を彷徨う 貧困と暴力 沖縄の少年・少女たちのいま 1210円
    作家 琉球新報取材班
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/03/23

    SNSで寝床を探す少女、大人に騙され売春の網にかかった少女、仲間との関係から窃盗を繰り返す少年......。夜の街をさまよう沖縄の少年・少女たちの姿から、日本社会全体が直面している「子どもの貧困...

  • ハイパーハードボイルドグルメリポート 1540円
    作家 上出遼平
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/03/23

    テレビ東京で不定期放送されるカルト的な人気番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」。“ほかじゃありえない”内容が話題の同番組を企画・取材・演出までほぼ一人で手がけたプロデューサー・上出遼平氏...

「日本史」カテゴリ