読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

太閤検地 秀吉が目指した国のかたち

太閤検地 秀吉が目指した国のかたち
電子書籍版
価格 968円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 296
販売開始日 2020/02/14
紙書籍版 取り扱い中

豊臣(羽柴)秀吉が実施した政策、太閤検地。その革新性はどこにあるのか――。秀吉は、各地を征服するたび奉行を派遣し、検地を断行。全国の石高を数値で把握し、加増や減封、国替えを容易にすることで、統治権力を天下人に集約した。中央集権の成果は、のちに江戸幕府の支配基盤ともなる。本書は、太閤検地の実態を描き、単なる土地制度上の政策にとどまらず、日本の社会構造を大きく変えた意義を示す。

中公新書関連作品

中央公論新社関連作品

  • 新着!
    英語コンプレックス粉砕宣言 924円
    作家 鳥飼玖美子 齋藤孝
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書ラクレ
    販売開始日 2020/04/10

    日本人がなかなか払拭することのできない英語コンプレックス。中学・高校の六年間学んでも話せるようにならない絶望が、外国人と軽妙なパーティトークをできない焦りが、過剰な「ペラペラ幻想」を生んでいる。...

  • 新着!
    駅名学入門 1012円
    作家 今尾恵介
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書ラクレ
    販売開始日 2020/04/10

    そもそも駅名とはどういうものか。その歴史的変遷から浮かび上がってくる、思想、そして社会的・政治的・文化的背景とは。さらに、「高輪ゲートウェイ」のようなキラキラ駅名はいかなる文脈から発想されるのか...

  • 新着!
    流人道中記 (全2巻) 1870円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/04/09

    万延元年(1860年)。姦通の罪を犯したという旗本・青山玄蕃に、奉行所は青山家の所領安堵と引き替えに切腹を言い渡す。だがこの男の答えは一つ。 「痛えからいやだ」 玄蕃には蝦夷松前藩への流罪判決が...

  • 新着!
    流人道中記 3740円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/04/09

    万延元年(1860年)。姦通の罪を犯したという旗本・青山玄蕃に、奉行所は青山家の所領安堵と引き替えに切腹を言い渡す。だがこの男の答えは一つ。<br>「痛えからいやだ」<br>玄蕃には蝦夷松前藩へ...

  • 新着!
    増補版 教養としてのプログラミング講座 880円
    作家 清水亮
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書ラクレ
    販売開始日 2020/04/09

    もの言わぬ機械とコミュニケーションする手段「プログラミング」。一冊でその成り立ちからプログラマーの思考法まで習得できるロングセラーの増補版を、必修化の今年、あらためて刊行する。ジョブズにゲイツ、...

  • 競争と公平感 858円
    作家 大竹文雄
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書
    販売開始日 2020/04/03

    日本人はなぜ競争が嫌いなのか? 身近な事例からより豊かで公平な社会を作るためのヒントをさぐる

「世界史」カテゴリ