読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新・紫式部日記

新・紫式部日記
電子書籍版
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 232
販売開始日 2020/03/09
紙書籍版 取り扱い中

あなたは使い捨てられてはなりませぬ。私のように――
栄華をきわめつつある主の藤原道長から、物語の女房を命じられ、華麗な「源氏物語」を書き継いできたが......
宮中に渦巻く陰謀に、物語が切り結ぶとき。

第11回日経小説大賞受賞! (選考委員:辻原登・高樹のぶ子・伊集院静)

『源氏物語』を書いた紫式部の一代記。「紫式部日記」が実在の作品であるだけに、あえて「新」とタイトルにつけフィクションを紡ぎ上げたところに、作者の周到な企みがうかがえる。
本作には最新の源氏物語研究の成果が活かされている。紫式部の生涯や、『源氏物語』誕生秘話を描いた著作は、専門家によるとそれほど珍しくはない。しかし、本作は、平安時代においては、物語を書く行為そのものが政治性をおびていたことを明らかにするところが新しい。
「日記文学の傑作、しかも『源氏物語』の作者の日記に新たな日記を捏ち上げ、ぶつけるという、これほどの大胆不敵はない。パロディならともかく、真正面からオーソドックスに、とはハードルが高過ぎる。
しかし、作者は鮮やかにそのハードルを跳び越え、極上の宮廷物語を物した。『源氏』を構成の中心に据え、それを下支えする本物の「紫式部日記」、それに被せるように架空の「日記」、そしてもう一つの物語『伊勢物語』を、有機的に、歯車のように嚙み合わせ、重層的な展開が可能になった。『源氏物語』そのものが、一層の輝きを放って読者に迫って来るという功徳も齎された」(辻原登氏選評より)

日本経済新聞出版関連作品

日経BP関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    脇坂安治 七本鑓と水軍大将 1760円
    作家 近衛龍春
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2021/09/21

    「賤ケ岳の七本鑓」の一人にして、信長、秀吉、家康と戦国期に主君を渡り歩いた猛将・脇坂安治の激動の生涯を描く傑作歴史長編!

  • 涅槃 (1~2巻) 1601円
    作家 垣根涼介
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2021/09/17

    死後440年、蹴りに蹴り続けられた男、宇喜多直家。その実像を浮き彫りにする。自分は何故、零落した武門に生まれたのか。どうして自分は、このような孤独な星のもとに生まれたのか......歴史小説界に...

  • 青年安兵衛 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    中山安兵衛は生まれ故郷の越後・新発田から江戸へ向かうが、ひとり巡礼の旅をする美少女・お世津が女衒の権六に襲われたのを助け...。

  • 青春峠 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    幕末の世、戸田の渡し近くで、一人の若い浪人が、近くの名主の老人と出会い...。江戸の道場で修行に励む若き浪人の姿を描いた傑作。

  • 鳶のぼんくら松 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    弱きをいじめる悪者どもを見つけると、黙ってはいられない性分で、実際、その腕っぷしも人の倍以上の、江戸の浪人・松太郎の豪快さ。

  • 天保紅小判 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    長崎の豪商・平戸屋民右衛門は、江戸に7軒の出店を持ち、年に1万両ずつ長崎へ送らせていた。その民右衛門が獄死して5年......。

  • 紅梅行燈 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    江戸深川の八百源の娘・お澄は、小町娘と評判の美人だが、柔術の手練でもあった。南部藩の内紛ゆえ、姫の見替りとなり旅へ出るが...。

  • 青雲の鬼 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    浜松の浪人・早水東吾は、旅の途中で覆面の剣客たちに襲われた旗本の娘を救い出し、その後同行し小田原まで行くが、彼女の父親は...。

  • 江戸の虹 (1~2巻) 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    米問屋近江屋の娘で主のお蘭は男まさりの商売人で肝が据わっているが、道中でひと悶着が...。幕末両派の暗躍と争闘を描く傑作長編。

  • 浪人横丁 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    壬生藩の家老の家に生まれた青江京介は、神田の浪人横丁で暮らしている。江戸を一時離れ、人助けをして帰ってきた京介だったが...。

  • やん八弁天 660円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    老中・水野の悪事を暴くため南町奉行の内命を受け金座役の手代にもぐりこんだ代二郎は、鳥居耀三の配下の者に付け狙われてしまい...。

  • さむらい山脈 682円
    作家 山手樹一郎
    出版社 講談社
    レーベル ROMANBOOKS
    販売開始日 2021/09/17

    亀山家のお家騒動に敢然と立ち上ったのが青年創士。家老の息子だが、藩の危機を救うため浪人の身となり、騒動のまっただ中へ......。