読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

アジア経済とは何か 躍進のダイナミズムと日本の活路

アジア経済とは何か 躍進のダイナミズムと日本の活路
電子書籍版
価格 902円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2020/03/13
紙書籍版 取り扱い中

戦後アジアをリードした日本経済。しかし20世紀の終わりから長期停滞に陥っている。一方、中国を筆頭にASEANなどのアジア諸国・地域は躍進し、21世紀は「アジアの世紀」とされる。日本の家電メーカーなどの凋落と、中国はじめアジア企業の急成長に象徴される激変の本質は何か。「グローバル・バリューチェーン」「インテグラル/モジュラー型」といった鍵となる概念をわかりやすく解説し、日本の活路を示す。

中公新書関連作品

中央公論新社関連作品

  • 北条早雲 (2~4巻) 858円902円
    作家 富樫倫太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/21

    後に「北条早雲」と呼ばれることになる伊勢新九郎。父の任地・備中荏原郷で過ごした幼少期から、都で室町幕府の役人となり、駿河でのある役目に乗り出すまで――稀代の悪人にして、一代で伊豆・相模を領する大...

  • 私の彼は腐ってる 748円
    作家 九条菜月
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/21

    祖父の死で天涯孤独になった揚羽。その時、約束通り迎えにきてくれた許婚の伊織と同居するが、なぜか彼は広い洋館で姿を見せない。執念で探し出し問い詰める最中、伊織の腕がぼとりと落ちた。「じつは私、ゾン...

  • 持続可能な魂の利用 1650円
    作家 松田青子
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/05/20

    この国から「おじさん」が消える―― 会社に追いつめられ、無職になった30代の敬子。 男社会の闇を味わうも、心は裏腹に男が演出する 女性アイドルにはまっていく。新米ママ、同性愛者、会社員、 多くの...

  • 任侠シネマ 1650円
    作家 今野敏
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/05/20

    義理人情に厚いヤクザの親分・阿岐本雄蔵のもとには、一風変わった経営再建の話が次々と舞い込んでくる。今度の舞台は、北千住にある古い映画館! TVやネットに押されて客足が落ち、映画館の社長も閉館を覚...

  • オルタナ日本 1100円
    作家 大石英司
    出版社 中央公論新社
    レーベル C★NOVELS
    販売開始日 2020/05/19

    一九八六年、中曽根内閣は懸案の自主憲法制定を成し遂げた。自衛隊は改称され国軍へ昇格。また日銀は絶妙の金融政策でバブル経済を軟着陸させ、日本は好景気のまま発展した。だが今、その社会は危機に瀕してい...

  • 「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末 946円
    作家 八田進二
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書ラクレ
    販売開始日 2020/05/15

    不祥事を起こした企業や行政組織が、外部の専門家に委嘱して設置し、問題の全容解明、責任の所在の明確化を図るはずの「第三者委員会」。だが、真相究明どころか、実際は関係者が身の潔白を「証明」する‶禊の...

「経済学一般」カテゴリ