読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

謝々! チャイニーズ

謝々! チャイニーズ
電子書籍版
価格 801円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 448
販売開始日 2020/03/19
紙書籍版 取り扱い中

何も知らず飛び込んだ国で、こんなにも優しい人々に出会った。『転がる香港に苔は生えない』で大宅賞、『コンニャク屋漂流記』で読売文学賞を受賞した星野博美。開放政策に沸く等身大の中国を描いたデビュー作が、電子版で登場!

時は1993年。中国に魅せられた私は、ベトナム国境から上海まで、改革開放に沸く中国・華南地方を埃だらけの長距離バスに乗って旅をした。
急激な自由化の波に翻弄される国で出会った、忘れえぬ人々。
『転がる香港に苔は生えない』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した著者の、みずみずしいデビュー作。

解説・斎藤美奈子

※電子書籍化にあたり、新章「地中に埋まっている部分」を収録。また、著者撮影の本文写真をすべてカラーで掲載。

星野博美関連作品

  • 銭湯の女神 609円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/03/19

    いとしい香港から戻ってみれば、違和感のなかに生きる私がいた。『転がる香港に苔は生えない』で大宅賞、『コンニャク屋漂流記』で読売文学賞を受賞した星野博美。銭湯とファミレスから透視した「東京」をめぐ...

  • のりたまと煙突 950円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/03/19

    ファミリーレストランで、近所の公園で、人生の瞬間と現代を鋭く見すえる――。『転がる香港に苔は生えない』で大宅賞、『コンニャク屋漂流記』で読売文学賞を受賞した星野博美。本好き達に激賞された、短篇小...

  • みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 1120円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/10/06

    海を渡った宣教師と、命を賭した信徒たち。 殉教をめぐり400年の時を駆ける旅へ! 16世紀後半、織田信長の時代にローマに送られた天正遣欧使節の4人の少年たちは、帰国後、秀吉による伴天連追放令。...

  • 戸越銀座でつかまえて 814円
    作家 星野博美
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2017/02/24

    40代、非婚。「自由」に生きることに疲れ、一人暮らしをやめて戻ったのは実家のある戸越銀座だった。老いゆく両親や愛猫2匹、近所のお年寄りとの日々で見つける新たな生き方とは? "旅する作家"が旅せず...

  • 転がる香港に苔は生えない 1019円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/07/17

    あの時、あの街で、君に出会った 中国返還前の香港で、たくましく生き、様々に悩み、見果てぬ夢を追い続ける香港の人々の素顔。第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作

  • コンニャク屋漂流記 887円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/05/09

    わたしは一体、どこから来たのだろう? 著者自身の先祖は江戸時代、紀州から房総半島へ渡った漁師で、なぜか「コンニャク屋」という屋号で呼ばれていた。祖父が遺した手記を手がかりに、五反田から千葉、和歌...

文春文庫関連作品

  • 往古来今 660円
    作家 磯崎憲一郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/06/26

    泉鏡花文学賞を受賞した傑作中篇集。 語り手の「私」が、自分の子供のころの母親の思い出を語りだす。と思いきや、突然思い出を断ち切るように、二十歳ごろのうらぶれた京都旅行の話が始まる。線路で泣いて...

  • 真鶴 681円
    作家 川上弘美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/06/26

    失踪した夫の日記には、「真鶴」とあった 夫は10年以上前、日記に「真鶴」と記して失踪した。京は娘、母と3人暮らしをしながら、恋人と付き合い、真鶴と東京の間を往還する

  • 溺レる 660円
    作家 川上弘美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/06/26

    もう帰れないよ、きっと。 重ねあった盃。並んで歩いた道。そして、二人で身を投げた海......。時間さえ超える恋を描く傑作掌篇集。女流文学賞、伊藤整賞ダブル受賞

  • 龍宮 880円
    作家 川上弘美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/06/26

    いとおしき“異類”との交情を描いた8つの幻想譚 霊力を持つ小柄な曾祖母、人間界に馴染めなかった蛸、男の家から海へと帰る海馬。日常と非日常を行き来する玉手箱のような作品集

  • 川上弘美書評集 大好きな本 801円
    作家 川上弘美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/06/26

    いい本があるよ、みんなもよかったら読んでね! 純文学からマンガ、へんなエッセイまで、川上弘美が「ほんとうにいい」と思った144冊。あなたを心よろしき読書へ誘うガイドブック

  • 天地に燦たり 791円
    作家 川越宗一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/06/09

    新直木賞作家、驚異のデビュー作 選考委員も絶賛した松本清張賞受賞作。 戦を厭いながらも、戦でしか生きられない島津の侍大将。 被差別民ながら、儒学を修めたいと願う朝鮮国の青年。 自国を愛し「誠を...

「紀行・旅行エッセイ」カテゴリ