読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

謝々! チャイニーズ

謝々! チャイニーズ
電子書籍版
価格 801円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 448
販売開始日 2020/03/19
紙書籍版 取り扱い中

何も知らず飛び込んだ国で、こんなにも優しい人々に出会った。『転がる香港に苔は生えない』で大宅賞、『コンニャク屋漂流記』で読売文学賞を受賞した星野博美。開放政策に沸く等身大の中国を描いたデビュー作が、電子版で登場!

時は1993年。中国に魅せられた私は、ベトナム国境から上海まで、改革開放に沸く中国・華南地方を埃だらけの長距離バスに乗って旅をした。
急激な自由化の波に翻弄される国で出会った、忘れえぬ人々。
『転がる香港に苔は生えない』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した著者の、みずみずしいデビュー作。

解説・斎藤美奈子

※電子書籍化にあたり、新章「地中に埋まっている部分」を収録。また、著者撮影の本文写真をすべてカラーで掲載。

星野博美関連作品

  • 銭湯の女神 609円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/03/19

    いとしい香港から戻ってみれば、違和感のなかに生きる私がいた。『転がる香港に苔は生えない』で大宅賞、『コンニャク屋漂流記』で読売文学賞を受賞した星野博美。銭湯とファミレスから透視した「東京」をめぐ...

  • のりたまと煙突 950円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/03/19

    ファミリーレストランで、近所の公園で、人生の瞬間と現代を鋭く見すえる――。『転がる香港に苔は生えない』で大宅賞、『コンニャク屋漂流記』で読売文学賞を受賞した星野博美。本好き達に激賞された、短篇小...

  • みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 1120円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/10/06

    海を渡った宣教師と、命を賭した信徒たち。 殉教をめぐり400年の時を駆ける旅へ! 16世紀後半、織田信長の時代にローマに送られた天正遣欧使節の4人の少年たちは、帰国後、秀吉による伴天連追放令。...

  • 戸越銀座でつかまえて 814円
    作家 星野博美
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2017/02/24

    40代、非婚。「自由」に生きることに疲れ、一人暮らしをやめて戻ったのは実家のある戸越銀座だった。老いゆく両親や愛猫2匹、近所のお年寄りとの日々で見つける新たな生き方とは? "旅する作家"が旅せず...

  • 転がる香港に苔は生えない 1019円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/07/17

    あの時、あの街で、君に出会った 中国返還前の香港で、たくましく生き、様々に悩み、見果てぬ夢を追い続ける香港の人々の素顔。第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作

  • コンニャク屋漂流記 887円
    作家 星野博美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/05/09

    わたしは一体、どこから来たのだろう? 著者自身の先祖は江戸時代、紀州から房総半島へ渡った漁師で、なぜか「コンニャク屋」という屋号で呼ばれていた。祖父が遺した手記を手がかりに、五反田から千葉、和歌...

文春文庫関連作品

  • 新着!
    聖夜 550円
    作家 佐藤多佳子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/29

    この心の震えは、祈りに似ている―― 眩しい少年期の終わりを描いた感動作。 学校と音楽をモチーフに少年少女の揺れ動く心を瑞々しく描いたSchool and Musicシリーズ第一段。 物心つく前...

  • 新着!
    水声 660円
    作家 川上弘美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/29

    ママ、ママはどうしてパパと暮らしていたの? 夢に亡くなったママが現れたのは、都が陵と暮らしはじめてからだった。きょうだいが辿りついた愛のかたちとは。読売文学賞受賞作。

  • 新着!
    第二音楽室 550円
    作家 佐藤多佳子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/29

    学校×音楽シリーズ第一弾。 音楽が少女を、優しく強くあたたかく包んでいく。 校舎の屋上にある音楽室に集まる鼓笛隊の落ちこぼれ組を描いた表題作など、少女が語り手となる四つの物語。 嫉妬や憧れ、恋...

  • 新着!
    よみがえる変態 660円
    作家 星野源
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/29

    とある人間が死の淵から帰ってきた。 ――ただいま!! エロも哲学も垣根なく綴った、突然の病からよみがえるまでの怒涛の3年間。 アルバム制作やライブ、ドラマ撮影に執筆。 やりたかったことは次々と...

  • 助けてと言えない 孤立する三十代 630円
    作家 NHK「クローズアップ現代」取材班
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/22

    誰もが「助けて」と言える社会を構築するための提言の書、電子版刊行。 コロナ禍で進む弱者切り捨てに異議申し立て! 孤独死した39歳の男性が、便箋に残した最後の言葉は「たすけて」だった‐‐。社会か...

  • 花の鎖 730円
    作家 湊かなえ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/15

    驚きのラストが胸を打つ、感動のミステリー。 両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花。 建設会社で働いていたが、伯父夫婦の...

「紀行・旅行エッセイ」カテゴリ