読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ヘンリー王子とメーガン妃 英国王室 家族の真実

ヘンリー王子とメーガン妃 英国王室 家族の真実
電子書籍版
価格 950円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2020/03/19
紙書籍版 取り扱い中

人気No.1王子とバツイチ女優はなぜ王室を“離脱”したのか?
エリザベス女王は王室を守るために2人を切り捨てた。

母・ダイアナ元妃を亡くしたヘンリー王子は、10代で薬物と飲酒におぼれて騒ぎを
引き起こす“王室一の問題児”だった。そんな王子が、「年上、バツイチ、黒人系」の
アメリカ人女優のメーガン妃を伴侶に選び、「王室離脱」にまで至ったのは、なぜだったのか?
そこには、やはりダイアナ元妃の影響が少なからず見て取れるのだ。

王子の軌跡を振り返ると、メーガン妃と出会う前後から≪変化≫の兆しがあった――。
・メンタルヘルスの問題から治療を受けていたことを告白
・傷病兵たちのために「インビクタス・ゲーム」を開催
・ダイアナ元妃の影響でHIV/エイズ撲滅運動に注力

そして、自らも女優業から社会慈善活動にシフトするメーガン妃と知り合った。
メーガン妃は言った。「ヘンリー王子となら、世界を変えられる」

その一方で、2人の放埒なふるまいは、英国大衆から反感を買うことになった。
・3億6000万円超の公費をかけて新居を改装
・メーガン妃の衣装代は年間7000万円以上とダントツ1位
・プライベートジェットに乗ってセレブたちと妊娠パーティー

相談もなく突然「主要王族からの引退」を宣言した2人に対して、
エリザベス女王は王室を守るために、冷徹な決断を下したのだった――。

日本テレビロンドン支局長が見た、ロイヤルファミリーの素顔。

文春新書関連作品

文藝春秋関連作品

  • 新着!
    助けてと言えない 孤立する三十代 630円
    作家 NHK「クローズアップ現代」取材班
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/22

    誰もが「助けて」と言える社会を構築するための提言の書、電子版刊行。 コロナ禍で進む弱者切り捨てに異議申し立て! 孤独死した39歳の男性が、便箋に残した最後の言葉は「たすけて」だった‐‐。社会か...

  • 新着!
    スーベニア 1599円
    作家 しまおまほ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/05/22

    文雄と過ごすキラキラした時間は、いつか歳をとった自分自身への贈り物になる......。 2010年、東京。34歳独身で、雑誌を中心に活躍するフリーカメラマンの安藤シオは、3年前に飲み屋で知り合っ...

  • 新着!
    あの子の殺人計画 1599円
    作家 天祢涼
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/05/22

    「あたしって虐待されてるの?」 アリバイトリックに新境地! あなたは絶対に見破れない 椎名きさらは小学五年生。母子家庭で窮乏している上に親から〈水責めの刑〉で厳しく躾けられていた。ある時、保健...

  • 少年と犬 1599円
    作家 馳星周
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/05/15

    傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。 犬を愛するすべての人に捧げる感涙作! 2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支え...

  • 花の鎖 730円
    作家 湊かなえ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/15

    驚きのラストが胸を打つ、感動のミステリー。 両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花。 建設会社で働いていたが、伯父夫婦の...

  • 妖の掟 1701円
    作家 誉田哲也
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/05/14

    闇社会の抗争に跳梁する、美しくも凶暴な不死の者たち 誉田哲也が描く、ダークヒロイン物語の真骨頂! 人の世の裏側で時を超えて生きる美女・紅鈴と、彼女に恋人のように弟のように寄り添う欣治。 ある夜...

「選書・双書シリーズ」カテゴリ