読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

黄金州の殺人鬼――凶悪犯を追いつめた執念の捜査録

黄金州の殺人鬼――凶悪犯を追いつめた執念の捜査録
電子書籍版
価格 2750円(税込)
ポイント還元 27ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 464
販売開始日 2020/03/20
紙書籍版 取り扱い中

「ジャンルの垣根を超えた傑作。
ページをめくる手が止まらない」
スティーヴン・キング 絶賛!

ニューヨーク・タイムズ
ベストセラー 1位

1970 -80年代に米国・カリフォルニア州を震撼させた連続殺人・強姦事件。30年以上も未解決だった一連の事件の犯人「黄金州の殺人鬼」(ゴールデン・ステート・キラー)を追い、独自に調査を行った女性作家による渾身の捜査録。

アメリカでベストセラーとなり、現在HBOがTVドキュメンタリー・シリーズを製作中の話題作。強盗、強姦、殺人を十年以上にわたって繰り返し、DNA鑑定の網をくぐって闇に消えていた犯人を、作家である著者が独自の捜査で追いつめていく手に汗握るノンフィクション。

序文寄稿:ギリアン・フリン(『ゴーン・ガール』著者)

ワシントンポスト、「エスクァイア」誌、Amazon.com、ニューヨーク公立図書館、 シカゴ公立図書館他で “2018年 ベストブック・オブ・ザ・イヤー”受賞!!

本当に手に汗握る作品だ――「ピープル」誌
息を呑む野心的で見事な筆致――「ニューヨークマガジン」誌

読者が知るべきは、なぜこの本が特別なのかという理由だ。それは、この本が向き合っている二種類の強迫観念である。一つは光に溢れ、もう一つは闇の中にある。
「黄金州の殺人鬼」は闇であり、ミシェル・マクナマラは光だ。
気が滅入るほど邪悪。聡明かつ、断固とした決意。本書はこの二つの心理への旅路である。
私は本書を愛してやまない。 ――スティーヴン・キング

村井理子関連作品

  • 兄の終い 1232円
    作家 村井理子
    出版社 CCCメディアハウス
    販売開始日 2020/04/03

    警察署からの電話で兄の死を知った。小学生の彼の息子が第一発見者だった。周りに迷惑ばかりかける人だった。離婚して7年。体を壊し、職を失い、貧困から這いあがることなく死んだその人を弔うために、元妻、...

  • 犬がいるから 1650円
    作家 村井理子
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2019/07/12

    新しい家族が加わった!みるみる大きくなっていく黒ラブラドール・レトリバー「ハリー」との愉快でやさしい日々をいつくしむように綴る待望のエッセイ集。

  • サカナ・レッスン 美味しい日本で寿司に死す 1320円
    作家 キャスリーン・フリン 村井理子
    出版社 CCCメディアハウス
    販売開始日 2019/06/14

    “ダメ女たちの人生を変えた”あの米国人料理家が帰ってきた! 魚がこわいが、見て見ぬふりをしてきたわたし。近年、日本でも魚が苦手な人が増えていると知り、一歩踏み出す決意をする。築地で、料理教室で、...

亜紀書房関連作品

「事件・犯罪」カテゴリ