読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大災害時代

大災害時代
電子書籍版
価格 330円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/03/25

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

温暖化の影響か、台風や集中豪雨などの水害が相次いだ。また、首都直下地震や南海トラフ地震も懸念されている。国土強靱化対策は、厳しい財政事情や人手不足などが重なり、十分とは言えない。そこで社会科学、歴史学、自然科学等の総合的なアプローチによって、課題と解決策を探る
(『中央公論』2020年3月号特集の電子化)


(目次より)
●対談
人口減少時代の復興論
「切り捨て」の覚悟さえ問われる激甚化時代に
御厨 貴×松原隆一郎

●【水害】犠牲者6000人、被害額150兆円 “国難”級の大水害
荒川氾濫で水没する東京
河田惠昭

●対談
災害で問われるリーダーシップとは?
「知事批判」に応えよう
黒岩祐治×村井嘉浩

●【地震】平安・江戸時代を襲った連続的地震が再び
「地震考古学」から考える21世紀の巨大地震
寒川 旭

●【地震】東日本大震災の教訓
災害科学国際研究所からの発信
佐藤 健

●防災対応 先進自治体はどこか?
浅野憲周

●自衛隊の災害派遣、知られざる実態に迫る
荒木 肇

御厨貴関連作品

松原隆一郎関連作品

河田惠昭関連作品

  • 日本水没 660円
    作家 河田惠昭
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2016/07/22

    災害研究の第一人者が緊急警告! 止まらぬ地球温暖化で“殺人級大雨”が日本を壊滅させる。豪雨のメカニズムと日本の深刻な水害リスクを解き、治水の歴史・現状と今後の対策を提示。「熊本地震」の原因や今後...

黒岩祐治関連作品

村井嘉浩関連作品

寒川旭関連作品

  • 地震の日本史 大地は何を語るのか [増補版] 902円
    作家 寒川旭
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書
    販売開始日 2014/01/24

    日本の歴史は、地震の歴史だと言っても過言ではない。人の記憶になく、文書に記述がないからといって、地震が存在しなかったと速断するのは大きな間違いと言えるだろう。本書は、「地震考古学」を確立した著者...

  • 秀吉を襲った大地震 946円
    作家 寒川旭
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2014/01/17

    天下統一の前後、豊臣秀吉は大地震に襲われた。大坂に逃げ帰った天正地震、城が倒壊した伏見地震-。しかしこれは遠い昔のことではない。大地震が続いた秀吉の時代と同じく、私たちも、活断層が活発な「内陸地...

  • 日本人はどんな大地震を経験してきたのか 880円
    作家 寒川旭
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/20

    地震といかに付き合っていくか。これは、日本に暮らすすべての人の課題です。『日本書紀』の昔や、それ以前からの地震を知ること、貞観地震と東日本大震災とを結びつける知識を得ることは、未来に起こるであろ...

  • 歴史から探る21世紀の巨大地震 550円
    作家 寒川旭
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2013/05/24

    東日本大震災から、日本列島は大きく動く時期にはいっている。明日にも迫る大地震を前に、歴史を丹念に見ることで、大地の揺れがどこでくり返されるかが浮かび上がってくる。次に危惧されている首都圏、南海ト...

佐藤健関連作品

中央公論 Digital Digest関連作品

中央公論関連作品