読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

会計が驚くほどわかる魔法の10フレーズ

会計が驚くほどわかる魔法の10フレーズ
電子書籍版
価格 935円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 232
販売開始日 2020/04/14
紙書籍版 取り扱い中

超一流の公認会計士が伝授!
この10個のフレーズを理解するだけで、会計のすべてがわかる。
全サラリーマン、特に新入社員必読の書!

「アラリが増加したのは、ウリアゲが増加して、ゲンカの増加も抑えられたためです」
「ケイツネが減少したのは、アラリが増加した一方で、ハンカンヒも大幅に増加してしまったためです」
「ゼイマエが減少したのは、ケイツネは増加したのに、多額のトクソンが発生したためです」

超一流の会計士が言うから、ウソじゃない!
実はこの3つのフレーズだけで、会計の半分は理解できます。

アラリ=粗利=売上総利益
ゲンカ=原価=売上原価
ケイツネ=経常=経常利益
ハンカンヒ=販管費=販売費および一般管理費
ゼイマエ=税前=税引前当期純利益
トクソン=特損=特別損失

会計は漢字だらけで難しい。
PL(ピーエル)とかBS(ビーエス)とか言われても頭が痛い。
そんなあなたこそ、この本を手に取ってください。

まずは「略語」を覚えて、「魔法のフレーズ」を使いこなそう!
東大→MBA→霞が関の会計士がイチから教える
驚くほどわかりやすい会計の本

【著者より】
本書の執筆に当たり、私は会計に携わってきた20年以上の経験の中で得た全ての知識やノウハウの中から、皆さんに本当に必要だと思われるものを入念に選別しました。そして、そのエッセンスを、たった10個のフレーズにまとめました。それが、本書の最大の特徴である、会計が驚くほどわかる「魔法の10フレーズ」です。
本書は「専門用語のややこしさ」と「仕訳(しわけ)のとっつきにくさ」という、会計を学ぶ上での二つの厄介な問題を、「魔法の10フレーズ」を用いることで根本的に解決しました。その結果、会計の入門書でありながら、一回読めば、皆さんがしっかりと深く会計が理解できるようになるという、画期的なものになっています。

講談社+α新書関連作品

講談社関連作品

「経済学一般」カテゴリ