読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

Journalism 2020年4月号

Journalism 2020年4月号
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 116
販売開始日 2020/04/13
紙書籍版 取り扱い中

2020年04月号の内容(目次)

[特集]少子化と向き合う
縮小する日本をAIで予測
都市集中から地方分散へ
広井良典(京都大学こころの未来研究センター教授)

少子化を女性の問題にするおかしさ
はしごを外されてうんざりの若年層
河崎 環(コラムニスト)

いつ、誰に、どんなアプローチ
「温かい社会」に向けた施策を
村上 芽(日本総合研究所創発戦略センター・シニアマネジャー)

未経験の「ソロ社会」が到来
コミュニティ再構築のカギは?
荒川和久(独身研究家、博報堂ソロもんラボ・リーダー)

「少子化」と向きあうために
知ってほしい四つのポイント
落合恵美子(京都大学大学院文学研究科教授)

自分で人生計画できる環境を
出産奨励の前に考えてほしいこと
福田和子(#なんでないのプロジェクト代表)

フランスは奨励から支援へ
「安心」が支える個人の選択
高崎順子(ライター、フランス在住)

就職難が労働力低下へ連鎖
急速に進む韓国の少子化事情
李敦熙(イ・ドンヒ、ジャーナリスト)

TVドラマの歴史が映す家庭像
垣間見えた「結婚が必須」の圧力
角田奈穂子(フリーライター、エディター)

*********************

《「“フェイクニュース”とファクトチェック」勉強会》
ファクトチェックで協働も
専門家がメディアに提言
藤谷 健(朝日新聞ジャーナリスト学校デジタル推進担当部長)
藤代裕之(法政大学准教授)
奥村信幸(武蔵大学教授)

《フクシマ無窮IV》
インフラ整備の陰で拡大する矛盾
「復興五輪」に進むフクシマの今
渡辺幹夫(フォトジャーナリスト、東京写真記者協会事務局長)


[連載]記者講座 ファクトチェック・ジャーナリズム-(中)政治家の言説を題材に
対象の選択からレーティングまで
検証はフェアに手加減なく
楊井人文(ファクトチェック・イニシアティブ事務局長)

■海外メディア報告
トランプ「和平構想」めぐり
中東諸国の本音と建前が交錯
川上泰徳(中東ジャーナリスト)

■メディア・リポート
新聞
新型肺炎で封鎖された武漢
現地取材は「不可能」か?
藤森 研(元専修大学教授)

出版
発売前の書誌情報サイト始動
出版・書店ビジネスの転換
星野 渉(文化通信社専務取締役)

ネット
新型コロナ危機がもたらす
急激なITイノベーションの可能性
高木利弘(マルチメディア・プロデューサー)

放送
言論の打ち合いで真実が見える
表現の自由を守り抜く覚悟を
堀 潤(NPO法人8bitNews代表)


【写真】 今月の1点

朝日新聞社ジャーナリスト学校関連作品

朝日新聞出版関連作品

「マスメディア」カテゴリ