読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

なぜ、地域のお役に立つと会社は成長するのか―――地方の中小企業でもできた!戦略的CSR活動

なぜ、地域のお役に立つと会社は成長するのか―――地方の中小企業でもできた!戦略的CSR活動
電子書籍版
価格 1650円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 216
販売開始日 2020/04/15
紙書籍版 取り扱い中

慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授 岡田正大氏推薦!

戦略的CSRは大企業だけのものではない。
本書は社会課題の解決によって利益を増大させる共有価値戦略が
成熟市場を突破する切り札になり得ることを証明しています。


■地域のお役に立つ「戦略的CSR活動」3つのポイント

(1)地域と自社の抱えるニーズ・課題が一致するところを探す
本業につながるCSR活動の設計方法を解説。

(2)地域のアライアンス先と協働してニーズ・課題を解決する
CSR活動の効果をより高めるアライアンス先(提携先)との協働のポイントを紹介。

(3)地域のお役に立つ取り組みをメディアを通じて知ってもらう
CSR活動を広く知ってもらうためのメディア化についても解説。


**********

経営学者(人を大切にする経営学会会長)坂本光司氏推薦!

本書は長年の勉強仲間である浜松市の中堅企業「エネジン株式会社」の、
藤田社長が地域社会とすべての中堅・中小企業の活性化を念じ、
自社がこれまで取り組み成果を収めたCSR活動やアライアンス活動等について、
余すことなく公開してくれた好著です。
組織に関わる多くの人々に一読を薦めます。

**********


静岡県浜松市でLPガス販売などを行うエネジン。

市場が成熟・縮小する中で、地域の「お困りごと」を、
地元の企業・団体と「アライアンス」を組んで解決し、
認知度ならびに業績の向上につなげることで成長を続け、
いま注目を浴びている企業です。

同社の取り組みは「CSR(企業の社会的責任)活動」を戦略的に活用して、本業につなげる経営手法であり、
ハーバード大マイケル・ポーター教授が提唱する「CSV(共有価値創造)」ともリンクしています。

本書は、同社のさまざまな事例を紹介しながら、中小企業が戦略的CSR活動で、
成果をあげるためのポイントを解説してます。

■著者 藤田源右衛門(ふじた・げんうえもん)
エネジン株式会社代表取締役社長
1970年浜松市出身。早稲田大学商学部卒業。
公認会計士として監査法人勤務後、(株)ハマネンに1998年入社、2001年代表取締役社長就任。
2004年(株)ハマネンと丸善ガス(株)が統合してエネジン(株)発足、現在に至る。
社名の「エネジン:ENEGENE」には、人(ジン)とエネルギー(エネ:ENE)の
未来を創造(GENEsis:発生、起源、創世紀)する企業でありたい、という意思が込められている。

あさ出版関連作品

「経営学」カテゴリ