読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

恩讐の香炉 居眠り同心 影御用30

恩讐の香炉 居眠り同心 影御用30
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 770円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 280
販売開始日 2020/06/01
紙書籍版 取り扱い中

シリーズ開始から丸9年――最終回、第30弾

元老中松平定信が白昼、居眠り同心の目の前で「貴船党」に拉致された。
家宝「鳳凰の香炉」と交換に定信の身を返すとの文が。
大納言三条錦卿が三十年前、老中定信に受けた遺恨を晴らすためだというが......。

北町奉行所の元筆頭同心で今は“居眠り番”の蔵間源之助は、元老中で隠居の白河楽翁と鉄砲洲の鰻屋で食事をした直後、店の前で何者かに襲われ昏倒。その隙に楽翁は貴船党を名乗る一団に拉致され、身代金として松平家の家宝「鳳凰の香炉」を要求された。翌早朝、奥女中が貴船党の指定場所に香炉を運び、楽翁は......。家宝の香炉はいつの間にか贋物にすり替えられていた。

早見俊関連作品

二見時代小説文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ