読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

朝ドラ「わろてんか」のヒロインモデル・吉本せい 吉本興業創業物語~NHK連続テレビ小説非公式ガイド~

朝ドラ「わろてんか」のヒロインモデル・吉本せい 吉本興業創業物語~NHK連続テレビ小説非公式ガイド~
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/06/01
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

NHK連続テレビ小説『わろてんか』がもっと楽しくなる! 『わろてんか』のヒロイン・藤岡(北村)てん。そのモデルとなったのは、明治から戦後の昭和にかけて日本の興行界を牽引した実在の人物・吉本せい。吉本興業の創業者である彼女は、その夫と二人三脚で寄席経営を手掛ける。夫亡きあとは自ら先頭に立って新しい笑い「漫才」を世に送り出し、演芸をビジネスへと昇華させていった。「女今太閤」とも呼ばれた、その60年の生涯に迫る! [巻頭] -----------------------■フォトギャラリー:吉本せいと吉本興業■吉本せい 人物相関図■吉本せいの略年譜 出会いと笑い、そして涙から吉本興業は生まれた ■吉本せい 興行の地[第1幕]夫とともに作り上げた吉本の笑いー----------------------■船場で培われたせいの「商魂」■吉本家へ嫁ぐ~試練続きの結婚生活■芸人道楽の夫とともに寄席経営■せいの時代の上方演芸■「花月」の誕生■落語に代わる「安来節」と「万歳」■東京進出と関東大震災■夫・吉兵衛の死■桂春団治「ラジオ事件」■エンタツ・アチャコの発掘■褒章受章と通天閣購入■吉本興業合名会社を創設■吉本ショウの始まり■映画界への進出■上方落語の凋落[第2幕]逞しく時代を乗り越える吉本-----------------------■脱税事件の容疑者に■松竹による芸人の引き抜き■慰問団「わらわし隊」■戦争で大半の劇場が灰に■戦後は劇場を映画館に■溺愛した息子と笠置シヅ子■せい亡きあとの吉本興業[第3幕]日本の笑いの発信地~吉本せいと吉本興業のゆかりの地~-----------------------■せいの原点:兵庫県明石市■人々が集う演芸の町:大阪・新世界■吉本興業始まりの地:大阪天満宮■笑いをリードする町:大阪・道頓堀■明治時代から続く繁華街:京都・新京極■吉本興業、東京進出の足がかり:東京・浅草[人物ファイル]近代演藝史を彩る人々-----------------------横山エンタツ・花菱アチャコ/秋田實/初代桂春団治/柳家金語楼/初代柳家三亀松/石田一松/岡田政太郎/五代目笑福亭松鶴/ミスワカナ・玉松一郎/あきれたぼういず/榎本健一/古川ロッパ/小林一三/白井松次郎/正力松太郎/沢村栄治/ミヤコ蝶々/夢路いとし・喜味こいし/力道山/江利チエミ/笠置シヅ子

三才ブックス関連作品

三才ブックス関連作品

「ドラマ」カテゴリ