読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「地政学」は殺傷力のある武器である。〈新装版〉

「地政学」は殺傷力のある武器である。〈新装版〉
電子書籍版
価格 1089円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 344
販売開始日 2020/05/29
紙書籍版 取り扱い中

《好評ニュー・クラシック・ライブラリー第3弾!》

中国発のパンデミックから第3次世界大戦へ!
新型コロナウイルスの感染拡大で注目される
「地政学」の最適の教科書

新型コロナを世界に蔓延させた中国は、
他国に先駆けて感染を終息させ、世界覇権の野望をあらわにしつつある。
アメリカを始めとする西洋民主主義国家と全体主義中国との対決の構図が明らかとなったいま、
地政学的思考の重要性はかつてなく高まりつつある。

本書は、地政学の祖であるアルフレッド・マハンのシーパワー理論から説き起こし、
古典ともいえるマッキンダー、スパイクマンの理論を中心に豊富な軍事知識を駆使して独自の視点で解説。
さらにマッキンダーがなしえなかった中国大陸の地政学を論じ、
朝鮮半島を含む旧儒教圏の脅威に直面している日本防衛の地政学を構想する。

[本書の内容紹介]
過去から未来まで変わらないものを見極められるのが地政学の効用
◎「世界における英国の一人勝ち」の理由探しから始まった地政学
◎「艦隊は分割するな」が、アルフレッド・マハンの卓説
◎地域の強国と準強国とを拮抗させるスパイクマンの地政学
◎内部から必ず裏切り者が出るのが中国大陸の変わらない文化
◎もはや日本は朝鮮半島など必要としない
◎すばらしい戦後日本の地政学的環境
◎「シェール・ガス革命」と「パナマ運河拡幅」が意味する地政学の新事態
◎対儒教圏の理想的バリアーとなるハイテク機雷

兵頭二十八関連作品

徳間書店関連作品

「地理」カテゴリ