読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」
電子書籍版
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 232
販売開始日 2020/06/02
紙書籍版 取り扱い中

【内容紹介】
リーマン・ショックで地獄に堕ちた男はアジアで再起のチャンスをいかに掴んだのか?

バブル期以降の不動産投資市場で頂点を極めた男・宗吉敏彦。
リーマン・ショックで破綻に追い込まれるも、成長著しいアジアで奇跡の復活を果たす。宗吉とともに躍進するアジア不動産市場の潜在力、今後の可能性を探る。

【著者紹介】
[著]前野 雅弥(まえの・まさや)
日本経済新聞記者。
東京経済部で大蔵省、自治省などを担当後、金融、エレクトロニクス、石油、ビール業界等を取材。現在は医療、不動産関連の記事を執筆。著者に『田中角栄のふろしき』(日本経済新聞出版社)がある。

[著]富山 篤(とみやま・あつし)
日本経済新聞記者。
2014年よりハノイ支局長としてベトナム全般を取材。現在は日経産業新聞の海外面デスクを務める一方、外国人労働者問題、ASEANなどを取材。著者に『現地駐在記者が教える 超実践的ベトナム語入門』(アスク出版)がある。

【目次抜粋】
第1部 不動産ビジネスの醍醐味はアジアにこそある(前野雅弥)
プロローグ 「拝啓 シンガポールより宗吉です」
1 ベトナム――最良のパートナーとタッグを組む
2 カンボジア――成長スピードは東南アジア随一
3 ラオス――英国投資家も注目するポテンシャル
4 タイ――時代の変わり目に大きなチャンスが
5 インドネシア――計り知れない市場の潜在力
6 バングラデシュ――小さくとも魅力に溢れた親日国
7 エピローグ――稲盛や孫に匹敵する男、宗吉敏彦
第2部 アジア・マーケット点描(富山篤)
付録 新興国の経済成長と日本の高度経済成長期との比較

前野雅弥関連作品

プレジデント社関連作品

「企業・業界よみもの」カテゴリ