読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

憂き夜に花を

憂き夜に花を
電子書籍版
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 264
販売開始日 2020/06/09
紙書籍版 取り扱い中

「飢饉に沈む人々に元気を与えたい」。
男たちの熱い想いがあの花火大会を生んだ。

時は享保。江戸の町は飢饉に沈み、失業者、果ては餓死者までが出る始末。為政者ですら救えないこの町を、文字通り明るく照らそうとする男がいた。花火師・六代目鍵屋弥兵衛。困った人を放っておけないこの男は、江戸中の人を放っておけなかった――!
弥兵衛は自らの小さな工場に仲間を集め、ある計画を練り始める。大川(のちの隅田川)で、将軍の号令のもとに行われる「水神祭」。その場に江戸中の人を集め、一世一代の大仕掛けを披露することであった。

吉川永青関連作品

中央公論新社関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ